2013/11/30(土)
今年最後の締めくくりの山行として、初冬期の八ヶ岳を歩きたいなと思い、
この日は絶対に晴れ!という天気予報だったので行って来ました。

コースは、美濃戸から赤岳鉱泉経由でピストンのルートとしました。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.98192,138.32561,35.98206,138.32572,35.98114,138.32806,35.98275,138.33167,35.98231,138.33269,35.98350,138.33664,35.98469,138.34031,35.98631,138.34431,35.98864,138.34547,35.98858,138.34889,35.98919,138.35186,35.98872,138.35464,35.98689,138.35753,35.98692,138.36036,35.98822,138.36219,35.98936,138.36139,35.99069,138.36169,35.99217,138.36353,35.99261,138.36369,35.99411,138.36439,35.99531,138.36489,35.99664,138.36497,35.99789,138.36639,35.99850,138.36892,35.99844,138.36847,35.99706,138.36536,35.99472,138.36489,35.99186,138.36308,35.98922,138.36206,35.98717,138.36022,35.98728,138.35675,35.98917,138.35297,35.98875,138.34914,35.98861,138.34528,35.98750,138.34425,35.98525,138.34161,35.98375,138.33694,35.98264,138.33325,35.98264,138.33167,35.98231,138.32561&pins=35.98192,138.32561,,blue&ping=35.98231,138.32561,,red&mode=map&style=base:topographic


この日もまたもや時間制限があり、15時くらいには自宅に戻ってないとならないので、
9時ぐらいをリミットとしました。
前日の夜中の内に赤岳山荘の駐車場に移動。途中の道には雪はありませんでした。
停まっていた車も3台ほどしかおらず、少し仮眠をしようと思いましたが、寒い寒い!
寝たり起きたりを繰り返してる内に続々と車がやってきて、あまり眠れませんでした・・・。

朝食を済ませ、外に出てこわばる身体を何とかほぐします。

5:20 出発します。ちらほら準備をしている方はいましたが、まだ動き出さないようでした。
ヘッデンを付けて歩き出します。
イメージ 1



このあたりには少し雪が積もっていますね。凍結はしていないので問題なく歩けました。
イメージ 2



5:30 美濃戸山荘に到着。そばにある分岐を北沢方面へ向かいます。
イメージ 3



まだしばらくは林道歩きですね。
イメージ 4



少し明るくなって来た頃、沢と合流しました。堰堤広場という所ですかね?
イメージ 5



橋を渡って向こう岸に向かいます。
イメージ 6



ヘッデンも必要ないくらいの明るさになりました。
雪もまださほどありません。
イメージ 7

イメージ 8



沢沿いに木道が出て来ましたが、ここが少し滑りやすかったです。
イメージ 9

イメージ 22

イメージ 23


登山道のど真ん中が、まるで沢が凍っているかのようになっていました。
とても上を歩けたものではないので、うまく避けながら何とか進みました。
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


大同心が見えて来ました。
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29


またもや道が凍っています・・・。
こういう場所が何箇所かありましたが、何とかノーアイゼンで乗り切りました。
イメージ 30

イメージ 31


めざす硫黄岳の稜線が少し見えて来ました。
山頂の方は既に陽が射しているようです。
イメージ 32


7:00 そうこうしている内に赤岳鉱泉までやってきました。
ここまではほぼコースタイム通りです。
イメージ 33


有名なアイスキャンディーも見られました(笑)
まだまだ作成途中ですかね?
イメージ 34


ひょっこりと赤岳が顔を出しています。
そろそろ起床しだしている人達を横目に硫黄岳に向かいます。
イメージ 35

イメージ 36


しばらくは樹林帯歩きですね。静寂の中、進みます。
イメージ 37


途中、沢を譲歩する時に下を見たら、綺麗な氷の結晶の花が咲いていました。
イメージ 38

イメージ 39


沢もこの辺りでは表面が凍っていますね。氷の下では流れている音がしています。
イメージ 40


ふと振り返ると、真っ白に雪化粧した、赤岳、中岳、阿弥陀岳が見えました。
イメージ 41


鉄ハシゴが出て来ました。この辺りからアイゼンを付けて歩き始めました。
イメージ 42


かなり明るくなって来て、青空も確認出来るようになりました。
これは期待出来そうですね。
イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46


陽が射して来て、景色が一変しました。
イメージ 47


青と白が織りなす、何とも言えない幻想的な光景です。
イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50


ここまで空が青く見えたのは初めてですね!すごく感動しました。
イメージ 51


硫黄岳もだいぶ近づいてきました。
イメージ 52



振り返れば赤岳たちもだいぶ目線の高さになって来ました。
奥に南アルプスも見えていますね。
イメージ 53


あともう少しで稜線に着きます。
イメージ 54


8:40 赤岩の頭との分岐に着きました。ここまでもコースタイム通りでした。
結構タイムリミットギリギリっぽいな・・・。
イメージ 55


オーレン小屋方面への分岐。冬季は通行禁止なんですね。
イメージ 56


先を急ぎます。
イメージ 57


が、周りの景色についつい足を止めてしまいます・・・(笑)
イメージ 58



このショットが何故か気に入ってしまい、年賀状に使用してしまいました(笑)
イメージ 59

イメージ 60



あともう少しで山頂です。
イメージ 61

イメージ 62


8:55 硫黄岳山頂に到着しました!ここまで誰一人として出会っていません。
独り占めの山頂です!
イメージ 63

イメージ 64


まさに絶景!ここまでの眺望は初めてです。
風もあまり強くなく、体感温度的にもすごく寒いとかはありませんでした。
イメージ 65


北アルプスが全望出来ます!
イメージ 10


槍・穂高方面、手前の常念岳や大天井岳などの表銀座縦走コースも望めます。
イメージ 11


鹿島槍や五竜岳、白馬三山などもクッキリ見えます。
イメージ 12


乗鞍岳
イメージ 13


御嶽山
イメージ 66


中央アルプスも雪化粧していますね。
手前のハートマークの形の森がある所は富士見パノラマスキー場ですね。
それの少し左上に先週登った入笠山山頂があります。
イメージ 67


赤岳方面。真っ白ですね。
イメージ 68


横岳 奥ノ院。まだ誰もいないようです。
イメージ 69


赤岳も頂上山荘まで見えています。
登るの大変そうだな・・・。
イメージ 70


中岳と、奥に2つコブがある所は権現岳ですね。
イメージ 71


阿弥陀岳。
イメージ 72



権現岳の更に奥には、鳳凰三山。オベリスクもわかります。
イメージ 73


阿弥陀岳の右奥には甲斐駒ケ岳、そして仙丈ケ岳でしょうか?ひょっこり顔を出してます。
北岳はちょうど阿弥陀岳に隠れてしまっているようです。
イメージ 74


こちらは奥秩父方面。
イメージ 75


金峰山の五丈石も良く見えています。
うっすら雪が積もっているようですね。
イメージ 76


浅間山。こちらも雪化粧しています。
イメージ 77


回り込んで富士山の見える位置まで来ました。
イメージ 14


ずいぶん端っこまで移動しましたね(笑)
イメージ 15



山頂まで戻って、天狗岳。
イメージ 78


その奥に蓼科山。
イメージ 16


名残惜しいですが、時間も押していますので、そろそろ戻りますか・・・。
もっとゆっくりしたかったですね。
イメージ 17


9:10 下山を開始します。
イメージ 18

イメージ 19



何か小屋跡の所の柱のエビのしっぽがすごかったです。
(どうやらアメダスロボット雨量計跡、というみたいですね)
イメージ 20

イメージ 79


下りはより一層気を付けて下ります。
イメージ 80

イメージ 81


この辺りから、人とちらほらすれ違うようになりました。
イメージ 82


また来年も来たいな、と思った瞬間でした。
イメージ 83


赤岳にも別れを告げます。
イメージ 84


さて、時間に余裕もないので、慎重に先を急ぎます。
イメージ 85

イメージ 86


途中、ロープが張られている所に立ち入って進んでる人達がいました。
大同心へのバリエーションルートに行くのでしょうか?
イメージ 87

イメージ 88


10:10 赤岳鉱泉まで戻って来ました。
だいぶ多くの人達で賑わっていましたね。
イメージ 89



脇目もくれずに来た道を戻ります。
どんどん登ってくる人達とすれ違います。
イメージ 90



途中は割愛(笑)
というわけで、あっという間に林道まで戻って来ました。
イメージ 91

イメージ 92


11:20 美濃戸山荘まで戻って来ました。あと少しです。
イメージ 93

イメージ 94


11:25 赤岳山荘に到着しました。
この時期でも駐車場は満杯です。さすが人気がありますね。
イメージ 21



このあと、山荘の方に駐車場料金を支払いに行き、お金を渡している時にふと横を見たら
ニホンカモシカが山荘の脇の隙間にいてビックリ!
でも驚いていたのは自分だけで、山荘の人は何食わぬ顔で領収書を渡して下さいました(笑)

このまま車で高速に乗って帰路につき、15時前には自宅に帰り着きました。
予定通りに事が運んで何よりでした。

今年の締めくくりが素晴らしい天候と景色、そして眺望に恵まれて、大満足の山行になりました!

この後も地元の山などに登ったりはしていたのですが、写真は撮っていないので割愛します。
次回からはようやっと2014年度の山行を書いて行きたいと思います。
今年ももう残す所2ケ月になってますが・・・(笑)