弘前城散策の後、そのまま岩木山へ向かいます。

元々計画していた事で、八合目登山口からならば、9時までに散策を終わらせて
10時半までに登山口に着けば、時間的にも余裕があるだろうと。
なので今回はちょっと手抜き登山です。

たまたまこちらに来ている友人も岩木山に登るという事で、特に待ち合わせはしませんが、どこかでランデブーするかもしれないです。
イメージ 1

10:30 八合目登山口
手早く準備を済ませて出発します。
この時間でも登山者らしき人がチラホラいましたが、皆さんリフトに乗りますね。
イメージ 2

イメージ 3

登り始めてすぐに、岩木山山頂の標識が(笑)
形的にも山頂標そのままのような・・・。ここで終わりでいいか???
イメージ 4

いやいや、気を取り直して進みます。
最初から岩がゴロゴロした道になってますね。
イメージ 5

すぐに視界が開けて雪の斜面を登って行きます。
イメージ 6

振り返ると白神山地方面の眺望が。
イメージ 7

ここでちょっとしたトラブル・・・。
足跡が斜面をずっと登って行くように付いていたので、そのまま進んだら
その先は笹薮になっていて足跡消失・・・。
地図で確認してみた所、正規の登山道はもう少し右下の方にあるようだけど
目視では見つからないし、トレースもなさそう・・・。
しかしこのまま登れる道もなさそうなのでしばらく下ってみたら、
登山道が木と雪にに覆い隠されたようになっていました。
残雪時はちょっと分かり辛いかもですね・・・。
でも見つかって良かったです。
イメージ 8

雪と岩が合わさった道のうえ、雪もグズグズで非常に歩き辛かったです。
イメージ 9

イメージ 10

40分ほど登ると、リフトとの分岐点に到着。
ここは鳥の海噴火口と呼ばれる場所のようです。
イメージ 11

少し登ると噴火口を眼下に見下ろせます。
イメージ 12

そして行く先に岩木山の山頂が近づいてきました。
イメージ 13

山頂へ向かう前に一旦下るのですが、その途中に鳳鳴ヒュッテという避難小屋があります。
イメージ 16

1964年1月に秋田県立大館鳳鳴高校山岳部の5人が遭難。
そのうち4人がなくなってしまうという事故が発生。
1965年9月にその事故を受けて建てられたそうです。
イメージ 14

鳳鳴ヒュッテから少し離れた所に慰霊碑も建てられていました。
イメージ 15

などと写真撮影をしている時に友人達とバッタリ合流。
どうやらリフトで上がってきたようですね(笑)

さて、ここからは岩場登りが連続します。
通称「おみ坂」というみたいですね。第一、第二と二段構えらしいです。
友人達はさっさと先行していきます。
イメージ 17

ここは右側通行が基本となっているようで、至る所に看板が設置されています。
イメージ 18

眼下に山頂リフト駅に鳳鳴ヒュッテ。
この時点で良い眺望ですね~。
イメージ 19

連れの友人は遅れ気味。
この日も陽射しが強いので、結構暑いです。
イメージ 20

浮石が多いので、落石に注意して歩きます。
リフトがあるため、軽装な方がかなりの数いらっしゃいました。
イメージ 21

山頂まであともう少し!
連れはだいぶヤラレ気味になっています。
イメージ 22

11:45 岩木山山頂に到着です。
イメージ 23

イメージ 24

1000座プロジェクトの儀式もバッチリと。
イメージ 25

友人が何かカッコイイ立ち方をしていたのでパチリ。
一時ヘッダー画像に使用させて頂きました(笑)
イメージ 26

白霞んでいますが、360度見渡せます。
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

パノラマを動画でもどうぞ。

岩木山神社の奥宮もあります。
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

さて、まずはコーヒータイム。
イメージ 33

連れは疲れてちょっと休みたいと寝だしました(笑)
イメージ 34

ここでふと思ったのは・・・。
時間はまだ12時過ぎ、元々は酸ヶ湯温泉に行きたいというのがあったのですが、
岩木山行ってからじゃ間に合わないだろうと諦めていたのですが・・・。
14時までに下山して向かえば、酸ヶ湯までの所要時間は2時間ほど。
間に合いそうだな・・・と思い立ち、急遽向かう事に決定!

途中で合流した友人達は、山頂でしばらくまったりするとの事だったので、
ここでお別れする事としました。
30分ほどしてから連れを起こして急ぎ下山します。

まだまだ登ってくる方は沢山いらっしゃいますね。
イメージ 35

イメージ 36

そういえば、リフト駅の先に鳥海山てピークがヤマレコに載ってたな・・・。
というのを思い出し、この際下山はリフトでしてしまえ!となり(笑)
時間に余裕も出来たので向かってみることにしました。
画面左奥のピークらしき所がそうかなとこの時は思っていたのですが・・・。
イメージ 37

山頂駅まで下った後、登り返して最初に開けた所は特に何もなく、
たくさんの観光客の方が岩木山方面を写真に収めていました。
イメージ 39

その先にも道が続いていたので向かってみたのですが、奥のピークには特に何もなかったので、なんだよ~と思いながら山頂駅の方へ戻りました。
イメージ 38

すると、山頂駅のそばに鳥海山の標識とおぼしきものが・・・。
山頂標かハッキリわからなかったので、今回はそのままスルーしました。
イメージ 40

そんなこんなで時間に余裕もなくなったので、急ぎリフトで下って車に飛び乗り、
酸ヶ湯温泉に向かいます。
イメージ 41

で、酸ヶ湯温泉です(笑)
イメージ 42

覚悟はしてましたが、かなりの混みようでした。
駐車場も温泉前は車で溢れていたので、少し上にある県営駐車場に停めましたが、
ここも8割方埋まっていました。
イメージ 43

肝心の温泉は、ヒバ千人風呂の方へ向かったのですが、2つ大きな湯船があって、
その両方の湯船の淵に隙間がないほど人が座っていた上に、
周りにも人がたくさんいたので、温泉に浸かる事もままならないほどでした。
何とか湯船に浸かりますが、結構な熱さで長くも浸かっていられず、
30分ほどで出ました。泉質はさすがによかったのですがね・・・。
ちなみに女性は全くいませんでした(笑)

そんなこんなで慌ただしく終わった酸ヶ湯温泉をあとにして、こちらに向かう途中で展望が良さそうな橋があったので、そこでしばし写真撮影。
イメージ 44

ちょうど夕焼けが美しい時間帯でした。
イメージ 45

遠くに岩木山もうっすらとその姿を浮かべていました。
イメージ 46

振り返って、八甲田の大岳、小岳、硫黄岳でしょうか?
ここもいつかは登りに来ないとなぁ・・・。
イメージ 47

イメージ 48

さて、ここからまた再び弘前へ戻ります。

途中、夕飯を「○鐵二代目」という所で頂きました。
イメージ 50

この辺りには、津軽ラーメンというご当地ラーメンがあるとリサーチ済みだったので、21時まで営業しているこちらのお店をチョイス。

スープは煮干しを利かせたスッキリ醤油で、麺は中太のもっちり麺でした。
ボリューム満点で大満足です。
イメージ 49

お腹もいっぱいになって、次の目的地の側の宿泊地へ向かって移動します。

さて、次なる目的地は・・・。

今回のコースはこちらです。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,40.65344,140.29281,40.65347,140.29286,40.65333,140.29314,40.65350,140.29372,40.65339,140.29450,40.65328,140.29550,40.65314,140.29597,40.65333,140.29556,40.65361,140.29658,40.65375,140.29750,40.65369,140.29819,40.65364,140.29925,40.65392,140.30022,40.65419,140.30139,40.65447,140.30178,40.65531,140.30225,40.65589,140.30297,40.65594,140.30317,40.65603,140.30333,40.65606,140.30336,40.65606,140.30336,40.65606,140.30336,40.65603,140.30336,40.65606,140.30336,40.65606,140.30339,40.65603,140.30339,40.65603,140.30294,40.65550,140.30253,40.65458,140.30203,40.65419,140.30136,40.65422,140.30078,40.65378,140.29939,40.65311,140.29919,40.65228,140.30022,40.65100,140.30114,40.65244,140.29933,40.65275,140.29928,40.65300,140.29850,40.65311,140.29631,40.65347,140.29267&pins=40.65344,140.29281,,blue&ping=40.65347,140.29267,,red&mode=map&style=base:topographic

所用時間 3時間20分(休憩1時間含む)
10:30 八合目登山口 ⇒ 11:10 鳥の海噴火口 ⇒ 11:20 鳳鳴ヒュッテ
⇒ 11:45 岩木山山頂 12:45 ⇒ 13:30 ナゾのピーク ⇒ 13:45 山頂リフト駅
⇒ 13:50 八合目登山口


三日目に続きます。