前編からの続きです・・・。



さて、魂の山から見えるなだらかな山。
朝にも話してましたが、どうやら方向的にあれが達磨山のようです・・・。
あそこまで歩くのかー!と思わず叫んでしまいました(笑)
イメージ 1


とにかくあと半分!頑張ろう!

この辺りから植生がコロコロ変わって面白かったです。
イメージ 2

アカガシだらけの森。
イメージ 3

西伊豆スカイラインとほぼ平行して歩いています。
イメージ 4

今度は奥武蔵を彷彿させるようなスギの樹林帯。
イメージ 5

11:52 土肥峠
てっきり車道に出る物かと勘違いしてました(笑)
ここからエスケープ出来ますが、バス停まで約4km(-_-;)
イメージ 6

道路と完全に平行ならそんなでもないのですが、細かくアップダウンを繰り返すので、ここでも体力を削られます。
イメージ 7

12:10 南無妙峠
めずらしい名前だなぁ・・・と思っていましたが謂れがありました。
イメージ 8

ここで亡くなった夫婦のお墓を建てた事から来ているようです。
左の石碑は・・・墓石???
イメージ 9

ツバキもところどころで咲いていましたが花がだいぶ落ちて来ているようでした。
イメージ 10

あれが棚場山かな~。お腹へった~、メシ~((+_+))
イメージ 11

12:30 古奈峠
棚場山まであと400mだ~。
イメージ 12

ふと、見た事ない花だなぁ・・・と思っていたら。
イメージ 13

シキミという木だそうです。初めて見ました。
実は毒があるのか~(*_*)
イメージ 14

さぁてトンネルの上を越えて登って行きます。
イメージ 15

この辺りの木々に多く見かけたこの草?なんなんでしょうかねぇ。
ウラを見ると胞子みたいな模様が。何かジブリちっくな感じ(笑)
イメージ 16

こうちさんもお腹が空いてだいぶお疲れのご様子(笑)
あともう少しで山頂ですよ~。
イメージ 17

12:50 棚場山
ようやくお昼にありつける~と必死だったので、儀式は出発直前の物です(笑)
イメージ 18

ここでしばしお昼休憩。
momoさんにご好評いただいた、これから待ち受けるヤマ場に向けて気合入れてオニギリにかぶりつく!の図です(笑)
こうちさん、撮影ありがとうございます。
イメージ 19

20分ほどの休憩でしたが、お腹も膨れて再出発です!
イメージ 20

13:40 船原峠
ここで一旦車道を渡ります。写真忘れました(-_-;)
いよいよ最大のヤマ場になります。
ここまで歩いて来ての290mの登り返しです(>_<)
イメージ 21

林の中に何故かコンクリート製の立派な東屋が・・・。
誰も使わないだろう、と(笑)
イメージ 22

しばらく歩くと車道に出ました。
ここから車道と歩道を出たり入ったりが何回か続きます。
イメージ 23

車道から歩道へ。

そして階段地獄・・・。
イメージ 24

疲労もピークですが、頑張って歩きます!
イメージ 25

再び車道へ。休日で交通量も多いから怖いんですよねぇ・・・((+_+))
イメージ 26

ここにきてようやく青空が見えて来ました!
ちょっと嬉しい(^_^)
イメージ 27

でも地上ではアスファルトが足に優しくありません(-_-;)
イメージ 28

ふと振り返って歩いて来た道を辿る・・・といってもどこから歩いて来たのか既に良くわからなくなってました(^_^;)
イメージ 29

土肥駐車場に着くと、伽羅山の直下です。
イメージ 30

青空だったらもっと気持ちがいい笹原歩きだったでしょうねぇ。
イメージ 31

14:43 伽藍山
この山頂標、車道沿いにあります(笑)
イメージ 32

遠くに見えていた達磨山はあともう少しです。
イメージ 33

歩行距離も20kmを越えてかなり厳しくなって来ましたが、前半の貯金のおかげで想定時間通りになりそうです。
イメージ 34

見えて来ました、達磨山。
しかし手前に何かアップダウンがあるな・・・。
イメージ 35

15:05 古稀山
と思っていたら、手前のとこは山だったようです(笑)
イメージ 36

一旦戸田駐車場まで下って。
イメージ 37

約100mの登り返し!階段がまた余計にツラい!(笑)
イメージ 38

あーでもこの稜線歩きは本当に爽快です。
快晴の時にリベンジしよう!と思った瞬間です。
イメージ 39

15:30 達磨山
最後の大物、登り切りました~!
心の目で後ろの富士山を思い浮かべて下さい~(笑)
イメージ 40

戸田の街が眼下に見えています。
谷間に沿って街が作られてるんですねぇ~。
イメージ 41

そして残るは小達磨山。それを越えれば戸田峠です。

ここでこうちさんに提案。
小達磨山を過ぎたら、自分が先行して金冠山までピストンして来ますと。
せっかくですからもう一座、稼いでおきましょう(笑)
イメージ 42

が、これまたラストも階段地獄が・・・(*_*)
でも、これで最後の登りです!
イメージ 43

16:00 小達磨山
いや~長かったですね!戸田峠までは残り1km!
イメージ 44

さて、自分はまだ終わりません(笑)
先行して画面中央、最後の金冠山の山頂を目指します!
・・・しかし戸田峠までの下りがこれまた酷かった(-_-;)
階段地獄はまだしも、ベシャベシャのグッチャグチャでコケるわけにもいかないと慎重にならざるおえませんでした。
イメージ 45

そんなこんなで戸田峠を無事通過。
イメージ 46

車道を渡ってすぐにある道を登って行きます。
イメージ 47

しばらくは舗装路です、途中から泥道に入って登りになります。
急いでたので写真なし(^_^;)
イメージ 48

16:23 金冠山
ラスト~!伊豆山稜線歩道、これでコンプリートしました!
ここも目の前に富士山と修善寺の街並みが拝めるようなのですが、残念!
イメージ 49

16:33 戸田峠
戻って来ました。これで本当の終了です~。お疲れ様でした!
イメージ 50

この後、西伊豆スカイライン経由で自分達が歩いて来た道を辿りながら、デポした車を回収して、そこで解散となりました。

こんな無謀なプランにお付き合い頂いて・・・。
こうちさん、誠にありがとうございました<(_ _)>

来月に控えているリベンジ縦走へのトレーニングはバッチリ出来たなと思います(笑)
今度は来る時は、達磨山だけに景色を堪能しに来たいな~と思いました。
・・・再び同じルートは歩きませんよ(笑)



ルート図は前編をご参照下さい。
詳細は下記になります。

所用時間:10時間45分(休憩時間等約40分含む)
5:50旧天城トンネル⇒6:03天城峠⇒6:35古峠⇒7:00二本松峠⇒7:20滑沢峠
⇒7:55三蓋山⇒8:10つげ峠⇒9:00猫越峠⇒9:17猫越岳⇒9:23猫越岳山頂の池
⇒9:26展望台9:39⇒9:55後藤山⇒10:10なべ石⇒10:15仁科峠⇒10:37風早峠
⇒10:52宇久須峠⇒11:25魂の山⇒11:52土肥峠⇒12:10南無妙峠⇒12:30古奈峠
⇒12:50棚場山13:10⇒13:40船原峠⇒14:43伽藍山⇒15:05古稀山⇒15:50達磨山
⇒16:00小達磨山⇒16:23金冠山⇒16:33戸田峠

距離
29.3km

最大標高差
465m

平均斜度
全体:0.4%
上り:12.1%
下り:11.8%

獲得標高
上り:1887m
下り:1904m