Tanmaの山日記

八ヶ岳をメインに関東甲信越の山を歩いていました

2013登山

2013/9/22 浅間山


今回、浅間山の記事を書くにあたり、今更ながらですがこの場をお借りして申し上げます。
先の御嶽山噴火は今でも信じられない思いでおります。
登山をしている者のはしくれとしまして、今後より一層危険意識を高めて、
少しでも安全に、かつ何かあった時は対処出来る様に努めて参りたいです。

被害に合われた方々のお早い回復と、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013/9/22(日) 何やかんやで前回の山行から1ヶ月も行けずじまい・・・。
そろそろ禁断症状でおかしくなりそうなので(爆)2013年に入って行っていなかった
浅間山へ行って来ました。

ルートはこちら・・・としたかったのですが、GPSロガーが動いてませんで、記録なし(-_-;)
前回と同じなのですが、高峰高原ビジターセンターから、今回は草すべりを下って、
先に前掛山へ行き、そこからJバンド経由で外輪山を縦走します。
逆回りですね。どちら回りが楽なのかなぁ・・・と思ったので。

AM6:10 ちょっと寝坊してしまい、遅めのスタートになりました。
あまり天気は良くなさそうな予報だったのですが、青空が出始めていたのでホッとしました。
イメージ 1

イメージ 2


表コースから登ります。
イメージ 3


イメージ 4


シラタマノキ
イメージ 5


ヤマハハコ
イメージ 6



イメージ 7


景色が開けてきました。篭ノ登山ですかね?
イメージ 8


うっすら遠くに槍・穂高連峰も見えました!
イメージ 9


イメージ 10


頑張って登って行きます。
イメージ 11


これは何の実でしょうかね?
イメージ 12


ようやく浅間山が見えて来ました。
この時間だと逆行で見えづらいのですが、雲が多いせいか比較的良く見えます。
イメージ 14


おなじみのシェルターを通過し・・・。
イメージ 13



AM7:10 槍ヶ鞘に到着
トーミの頭へ更に登ります。
イメージ 15

イメージ 16


AM7:25 トーミの頭に到着しました。
思いがけない眺望でラッキーでした!
イメージ 17

奥秩父の山々の後ろには富士山。
イメージ 18

八ヶ岳 空に浮いているように見えますね。
イメージ 19

槍・穂高連峰
イメージ 20


外輪山も良く見えます。
イメージ 21


さて、今回は先に湯の平に下ります。
下りの草すべりは初です。ホントに滑らないようにしないとな・・・(笑)
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

上から見るとこれまた急ですね~。
イメージ 25


トーミの頭もすごい迫力です。
イメージ 26

イメージ 27


どんどん下ります。
イメージ 28


トリカブト。最近コメントさせて頂いているこうちさんのお印でしたね(笑)
イメージ 29


ヤマホタルブクロ
イメージ 30


アザミ
イメージ 31


イメージ 32


イメージ 33


AM8:00 湯の平口の分岐に到着。
イメージ 34


オヤマリンドウ?開いてくれていません。
イメージ 35


次は賽の河原の分岐ですね。
イメージ 36

イメージ 37


AM8:10 賽の河原の分岐に到着。
イメージ 38

雲が上がって来ないうちに頂上へ・・・と思っているのですが。
イメージ 40


この景色・・・なかなか進めません(笑)
イメージ 39

イメージ 41


紅葉したオンタデ?でしょうか。綺麗です。
イメージ 42


四阿山、草津白根山も見えて来ました。
イメージ 43


AM9:00 釜山分岐に到着。
イメージ 44


もちろん前掛山へ進みます。
イメージ 45

シェルター。去年はここでお昼を食べました。
イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48


AM9:15 前掛山山頂に到着です!
イメージ 49


雲がだいぶ出て来ましたが、それでも素晴らしい眺望です。
イメージ 50

イメージ 51


釜山は少し噴煙が上がってますね。
イメージ 52

イメージ 53


剣ヶ峰、ですかね。
イメージ 54


AM10:00 名残惜しいですが、外輪山に向けて出発します。
イメージ 55


続々と人が登って来ています。
イメージ 56

やはり人気の山ですねぇ。
イメージ 57


分岐まで戻ってJバンド方面へ向かいます。
イメージ 58


下からの眺めも圧巻ですね!
イメージ 59


イメージ 60


イメージ 61

イメージ 62

外輪山に取り付きます。
イメージ 63


勾配はそれなりにありますが、足元は注意して歩けば問題ないと思います。
イメージ 64

イメージ 65


20分ほどで登りきりました。
イメージ 66

鋸岳と右手奥の浅間山の斜面に、鬼押し出し溶岩流が見えます。
イメージ 67


仙人岳に向かいます。
イメージ 68


こちらからも中々どうしてキツい登りに感じました。
イメージ 69

イメージ 70

イメージ 71

ちょっとカメラの機能で遊んでみました。
ホントにミニチュアみたいになってますね(笑)
イメージ 72

イメージ 73


AM11:30 仙人岳に到着しました。
このぐらいから急速に雲がかかり始めて来たので、ここで昼食としました。
イメージ 74


急いで昼食を済ませて出発します。
イメージ 75

イメージ 76

イメージ 77


PM12:00 蛇骨岳に到着。写真だけ撮ってすぐに出発します。
イメージ 78

イメージ 79

イメージ 80


PM12:30 黒斑山に到着。結構な人達が休憩していました。
イメージ 81

マツムシソウ
イメージ 82


帰りは中コースを通ります。
イメージ 83

イメージ 84

少し早足で歩いていたら、前方に沢山の方々がいました。
イメージ 85

イメージ 86

イメージ 87

まぁ、もう大丈夫かなと思い、そのまま後ろに付いて下山しました。
イメージ 88


PM13:20 高峰高原ビジターセンターに到着。
うわー!すごい車の数!こんなにまでなるとは思ってませんでした。
イメージ 89


またもや日曜日だったので、着替えもそこそこに車に乗り、帰路に着きました。
途中、関越道で多少混みましたが、大きな渋滞もなく無事に帰り着きました。

天気は期待していなかったので、青空も観られて眺望も聞いて1ヶ月振りの登山は
大満足の内に終了しました。



2013/8/19 横岳~赤岳

今週末の天気、かなり危うくなってきちゃったなぁ・・・。
せっかく計画立ててましたが、どうするか悩み中です・・・。

2013/8/19(月) お盆休みも終わって・・・ってあれ?と思われたかもですが(もう覚えてないですよね)
1日だけ有休取ってまして、それを利用して八ヶ岳へ行って来ました。
・・・まぁ前日に突然思い立ったんですけどね(笑)
今回は杣添尾根を利用して登りました。
コースはこちら。またピストンです(笑)

http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.98967,138.41547,35.98961,138.41411,35.98972,138.41017,35.99011,138.40608,35.98861,138.40253,35.98736,138.39944,35.98628,138.39769,35.98547,138.39514,35.98411,138.39167,35.98383,138.38869,35.98383,138.38486,35.98331,138.38233,35.98331,138.37872,35.98333,138.37625,35.98333,138.37483,35.98236,138.37419,35.98053,138.37325,35.97697,138.37208,35.97486,138.37158,35.97306,138.37058,35.97128,138.37044,35.97081,138.37008,35.97081,138.37000,35.97133,138.37033,35.97317,138.37081,35.97528,138.37181,35.97925,138.37242,35.98031,138.37314,35.98197,138.37389,35.98222,138.37408,35.98328,138.37511,35.98344,138.37769,35.98319,138.38214,35.98356,138.38656,35.98411,138.39083,35.98506,138.39417,35.98667,138.39797,35.98742,138.39969,35.98892,138.40372,35.98964,138.41547&pins=35.98967,138.41547,,blue&ping=35.98964,138.41547,,red&mode=map&style=base:topographic


前日夜中の内に杣添尾根登山口近くの駐車場に移動して仮眠。
車を変えたばかりで快適に寝られました(三列シートは足伸ばせていいですね!)
朝起きてみたら、自分以外に誰もいませんでした(笑)
そりゃそうですよねぇ。
イメージ 1


AM4:50 登山届を提出して出発します。
イメージ 2


まずは登山口のそばの東屋を目指します。
イメージ 3

イメージ 4

途中、進む道の方向が変更されてました。
前は真っ直ぐ進んで川を渡ってましたが、手前の所に新しい指導票があり、
右に曲がるようになってました。
イメージ 5


少し進むと稜線が見えてきて、朝日に照らされていました。
イメージ 6

AM5:20 東屋に到着です。
左手に少し進むと登山口があります。
イメージ 7

イメージ 8

朝日が出てきました。
イメージ 9


お?去年来た時と様子が変わってる。
橋が新しくなって、格子が組まれた階段になってる。
ここは滑りやすかったのでありがたいですね。
イメージ 10


ここからながーい樹林帯の中の登りが始まります。
まだ早朝なので、涼しい。
イメージ 11


アキノキリンソウ?がもう咲いていました。
イメージ 12


木々の間から青空も見えます。今日はいい天気になりそうでよかった。
イメージ 13

イメージ 14


隙間から奥秩父の山々も望めました。
イメージ 15


でもまだまだ道のりは長いです。
イメージ 16

イメージ 17


あともう少しで森林限界です。
イメージ 18


AM7:40 森林限界突破です。眺望が一気に開けました。
イメージ 19


富士山もハッキリと良く見えます。
イメージ 20


これから向かう赤岳も顔をのぞかせています。
イメージ 21


AM7:50 三叉峰到着です!
イメージ 22

イメージ 23


赤岳~中岳~阿弥陀岳。いいですね。
この稜線、何か好きなんですよ(笑)
イメージ 24


さて、赤岳に向かって出発です。
イメージ 25


いきなりハシゴを下り
イメージ 26


小ピークを登ったり下ったり
イメージ 27

ここは石尊峰?
イメージ 28


ピークを巻くために下ったり
イメージ 29


登ったり
イメージ 30


トウヤクリンドウ
イメージ 31


イブキジャコウソウ
イメージ 32


コバノコゴメグサ
イメージ 33


ここは二十三夜峰。あれ?鉾岳、日ノ岳はどれだったんだ?(笑)
巻いて行ったピークがそうなのかな・・・。
イメージ 35


またハシゴ
イメージ 34


などとしているうちに・・・

AM8:40 地蔵ノ頭に到着です。
イメージ 36


更に進みます。
イメージ 37


AM8:45 赤岳展望荘に到着です。
風もなく、穏やかな天気です。
イメージ 38


休まずにどんどん進みます。
はやる気持ちは押さえながら・・・。
イメージ 39


岩肌はもろいので落石の危険がある上、滑りやすいので慎重に進んで行きます。
イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

後ろに人がいなかったので、まだ気が楽でした。
あともうちょっとです!
イメージ 43


AM9:20 赤岳頂上山荘までやって来ました!
イメージ 44

イメージ 45


さあ、頂上へ向かいます。やっぱり人は少ないですね。
イメージ 46


AM9:25 山頂に到着です!去年に引き続き、2回目の登頂になります。
イメージ 47

イメージ 48


素晴らしい眺望です。有休使った甲斐があったなぁ(笑)
イメージ 49

イメージ 50

横岳
イメージ 51

硫黄岳
イメージ 52


天狗岳
イメージ 53


そして蓼科山まで良く見えます。
イメージ 54


北アルプス方面もハッキリ見渡せました。
イメージ 55

イメージ 56

こちらは中央アルプス。木曽駒ヶ岳ですかね?
イメージ 57

パノラマもどうぞ。
イメージ 58

中岳から阿弥陀岳。綺麗ですねぇ。
イメージ 59


ここで知り合った方と、しばし山話で盛り上がってしまいました(1時間も!)
赤岳鉱泉でテント泊して文三郎尾根から赤岳~横岳~硫黄岳と周回なさるそうです。
帰り道がてらだったので、三叉峰までご一緒させて頂きました。

AM10:20 出発します。
西側からだいぶ雲が沸き立って来ました。
イメージ 60

イメージ 61


また来年も必ず来よう。そう思いながら後にしました。
イメージ 62


途中、石尊峰でお昼ご飯にしました。
といっても、お互いにおにぎりなどで簡単に済ませたのですが。

PM12:20 三叉峰分岐に到着。ここでお別れしました。またどこかでお会い出来ると良いですねと。
今更ではありますが、楽しい時間をありがとうございました。
イメージ 63


帰り道はピストンなので、写真は撮らずに一気に下山。
イメージ 64


稜線にだいぶ雲がかかっています。
イメージ 65


PM14:30 駐車場に到着しました。
イメージ 66


この後、渋滞に巻き込まれないようにするため、そのまま高速に乗って自宅まで戻りました。
狙い通り渋滞もなく、17時には家に着いたのでお風呂入ってさっぱりして早目に寝ました。
・・・次の日から仕事でしたしね(笑)

真夏の最後の山行は、とても有意義な時間となりました。
イメージ 67




2013/8/17 常念岳

さて・・・、またかなり間が空いてしまいましたが、せめて2013年度の物は終わらせておかないとなと思い(笑)
久し振りに進めてみようと思います。どこまでテンション続くかわかりませんが・・・。


2013/8/17 お盆休み終盤、別の友人と北アルプスの常念岳へ行きました。
燕岳以来、北アルプスの絶景にはまってしまい、3週間程での再訪となりました。
友人には駐車場に着くまでどこに登るか黙っていたのですが・・・(笑)
一ノ沢登山口からのピストンになります。

http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,36.32697,137.78425,36.32794,137.78333,36.33164,137.77814,36.33414,137.77497,36.33442,137.76872,36.33525,137.76336,36.33533,137.75722,36.33497,137.75436,36.33564,137.74847,36.33519,137.74372,36.33489,137.74036,36.33492,137.73650,36.33467,137.73492,36.33458,137.73225,36.33403,137.73083,36.33378,137.72931,36.33369,137.72792,36.33222,137.72728,36.33042,137.72689,36.32875,137.72717,36.32628,137.72806,36.32556,137.72747,36.32592,137.72786,36.32781,137.72767,36.32967,137.72692,36.33144,137.72697,36.33322,137.72719,36.33369,137.72906,36.33386,137.73103,36.33483,137.73264,36.33481,137.73550,36.33483,137.73953,36.33511,137.74364,36.33503,137.74822,36.33556,137.75206,36.33492,137.75611,36.33494,137.76111,36.33425,137.76739,36.33408,137.77419,36.32694,137.78467&pins=36.32697,137.78425,,blue&ping=36.32694,137.78467,,red&mode=map&style=base:topographic


AM5:00 長丁場になるので薄暗い中、出発します。
この時点でほぼ満車になっていました。
イメージ 1


しばらくは道路を歩きます。
イメージ 2


道路の終点に小屋とトイレがあります。
トイレはまぁそこそこでしたかね。少しニオイましたが(笑)
しっかり用を済ませてから出発します。
イメージ 3


少し進んだらある山ノ神で手を合わせてから進みます。
イメージ 4


古池とありましたが、由来はあるのでしょうか?
イメージ 5


しばらくは気持ちが良い沢沿いに進みます。
早朝なので涼やかです。
イメージ 6


大滝に到着。少し休憩。
イメージ 7


木々の隙間から青空が見えました。
イメージ 8


花も所々に咲いています。
イメージ 9

イメージ 10


更に進んでエボシ沢に到着。
イメージ 11


水の流れてない沢を向こう側へ渡ります。
イメージ 14


だいぶ明るくなってきて、周りの木々から木漏れ日が出て来ました。
イメージ 12


しばらく石ゴロの道が続きます。
イメージ 15


笠原沢に到着。1グループ休憩されてました。
イメージ 13


まだまだ進みます。
イメージ 25


ヤマハハコなど、花の種類も増えてきました。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18


この辺りから登山道に水が流れて来ました。
ちょっとした沢登りみたいな感じですね。
イメージ 19


胸突八丁に到着。
ここから傾斜が一気に増します。
イメージ 20


下山して来た方が、かなりおっかなびっくりで歩いていました。
行きも通ったはずだよな・・・などと思いましたが(笑)
イメージ 21


常念岳がだいぶ近づいてきました。
・・・でもまだ遠いなぁ・・・。
イメージ 22


最終水場まで上がって来ました。日射しも強くなってきたので汗だくです。
帽子は誰の忘れものでしょう?
イメージ 23


沢山の方々が休まれてました。自分達もしばし休憩です。
ここからまたキツい登りの始まりですね。
イメージ 24


頑張って登ります。
イメージ 26


緑が鮮やかです。ゆっくり登って行きます。
イメージ 27


第1から第3まであるベンチまで、少しずつ休憩しながら登って行きます。
数字を書かれるとえらい長く感じますよねぇ(笑)
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30


稜線までもうすぐです。
イメージ 31


AM9:00 常念乗越に到着です。
イメージ 32


そして、ここからの景色が圧巻でした。
槍と穂高連峰の素晴らしい眺望!
イメージ 33


右手には横通岳ですかね?双耳鋒になるのでしょうか?
イメージ 34


しばしの写真撮影のあと、いよいよ山頂に向かいます。
イメージ 35

イメージ 36


大きい岩がゴロゴロしていてかなり歩きづらいです。
イメージ 37


トウヤクリンドウ?が咲いていました。
イメージ 38


ここからの景色も素晴らしいです。
友人はあまり余裕がなさそうでしたが(笑)
イメージ 39


着いたのかな?と思ったら、山頂は更に奥でした・・・。
イメージ 40


というか、三股からの分岐に着いてないのに山頂な訳ないですよね(笑)
ここで一息。休んでおられた登山者の方と少しお話しました。
イメージ 41


さて、あとひと踏ん張り!
・・・と思って必死だったのか、山頂までの道のりの写真撮ってないですね(汗
なので山頂到着になります(笑)
AM10:30 常念岳山頂到着です!
さっそく記念写真です。友人も達成感ひとしおだったよう満足してました。
山頂では多くの方々が休憩していました。つか休めるとこないし・・・。
イメージ 42


祠がありました。登頂の無事を感謝し、祈らせて頂きました。
イメージ 43

イメージ 44


では山頂からの景色を・・・。
穂高連峰から槍ヶ岳までクッキリ見えています。
イメージ 46


北に目をやって大天井岳方面
鷲羽岳と水晶岳も見えてますかね?
(あまりまだ良くわかっていません・・・)
イメージ 45


パノラマも撮ってみました。左の安曇野市の方はかなり雲が上がってきていたので撮っていません。
(虫が写り込んでますが、無視して下さい(爆))
イメージ 47


蝶ヶ岳への稜線。
山頂で知り合った方が三股からの周回で、これから蝶ヶ岳へ向かいますと言っていました。
日帰りだそうで、かなりの健脚の方ですね・・・。いつか歩いてみたいです。
イメージ 48


AM11:10 次々と人が上がって来ていたので、山頂でのご飯はあきらめて
常念小屋まで下る事にしました。だいぶ雲も出て来ましたし・・・。
イメージ 49

イメージ 50

三股の分岐に戻って来た時に何やら人だかりが・・・?
皆さん一斉にカメラを構えていたので、その方向を見てみると
イメージ 51

何とライチョウがいました!
すぐに隠れてしまったので少ししか撮れませんでしたが、出会えてラッキーでした。
燕岳の時にも出会えているので嬉しいです。
イメージ 52


さて、黙々と下って行きます。
このくらいから、友人の疲労が目に見えて大きくなってきました。
写真では強がってピースサイン出してますけどね(笑)
イメージ 53


物資運搬のヘリが飛んでいました。
イメージ 54


PM12:10 常念小屋に到着
安曇野方面からの雲がかなり湧き上がってきました。
覆われるのは時間の問題ですね。
イメージ 55


ここでお昼ご飯を・・・と思いましたら、友人が疲労でダウン。
少しベンチで仮眠する事としました。自分はおにぎりを食べ、小屋の中を少し覗いたりと
友人が回復するまで待ちます。
イメージ 56

雲に覆われて来ました。
イメージ 57

30分ほど仮眠したら少しスッキリしたようなので、おにぎりを食べさせて、自分の持っていた
アミノ酸スティックを飲ませました。
PM13:00 下山開始です。完全に雲の中ですね。
イメージ 58


ピストンなので、帰り道の写真はほとんど撮っていません。
なので適当に貼ります。花の写真しかありませんが(笑)
ウメバチソウ
イメージ 59

ニガナ
イメージ 60

コバイケイソウの大群落です。
イメージ 61

センジュガンピ
イメージ 62

友人も必死に歩きます。
イメージ 63

イメージ 64

PM16:00 ようやく登山口まで戻って来ました。
友人も自分もヘロヘロです。
イメージ 65


あとは道路を下って駐車場までですが、これがまた遠い・・・。
イメージ 66


途中、道路脇でご飯を食べているお猿さん達に出会いました。
あまりこちらを気にする事もなく、すまし顔で食べていましたよ。
イメージ 67


PM16:15 駐車場に到着です。疲れたー!
イメージ 68


この後、温泉に入ってさっぱりしてから、びっくりドンキーで夕飯を食べて帰路につきました。
友人はかなりの疲労困憊になってしまって、帰りの車中で熟睡していました。

覚悟はしていましたが、予想以上のハードな山行になってしまい、友人には申し訳ない事を
したなとは思いましたが、やはりあの稜線からの素晴らしい眺望は何物にも変えがたい感動でした。
イメージ 69










2013/8/11 尾瀬ヶ原~至仏山

お盆休み初頭に友人と尾瀬に行きました。
本来の目的は至仏山だったのですが、欲張って尾瀬ヶ原のニッコウキスゲでも見ながら、
少し回ってからにしようという話になりました。
・・・が、友人にはかなりツライ工程になってしまったようです(笑)


イメージ 1
イメージ 2










イメージ 3
イメージ 4











途中、人だかりが出来ていたので何かと思ったら、小熊が食事していました。
・・・って事は親熊も近くにいるじゃん!?と思い、その旨をつぶやきながら速攻立ち去りました。
去り際に1枚撮ってしまいましたが(笑)
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7










イメージ 8

朝早かったので、霧が出ていて、それがまた幻想的で綺麗でした。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
イメージ 12










イメージ 13

イメージ 14

幻想的ではあったのですが、目的としていたニッコウキスゲは遅すぎたようで、全く咲いていませんでした・・・。

気を取り直して、山の鼻で休憩してからいよいよ至仏山に向かいます。
ここまで既に13km歩いているのは内緒にしてました(笑)
イメージ 15

イメージ 16
イメージ 17











少し登って視界が開けると、眼下に尾瀬ヶ原が広がります。
イメージ 18

友人は、初めての鎖場を楽しんでいたようでした(笑)
イメージ 19

イメージ 20
イメージ 21










結構な階段が延々と続き、友人はここでかなり体力を削られていました。
イメージ 22

そしてようやく至仏山山頂に到着です。
イメージ 23

少し雲が多く、白霞んでいましたが、360度見渡せます。
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

休憩しても友人がかなり疲れていたので、鳩待峠に向かって下山します。
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31
イメージ 32










イメージ 33
イメージ 34










思っていたより距離がありましたが、無事に下山しました。
イメージ 35

花もたくさん咲いていました。
載せきれる分だけ・・・。
イメージ 36
イメージ 37










イメージ 38
イメージ 39










イメージ 41
イメージ 40










イメージ 42
イメージ 43










イメージ 44
イメージ 45










イメージ 47
イメージ 48










イメージ 49
イメージ 50











至仏山からの下山途中に、ニッコウキスゲも発見しました。
イメージ 46


なかなか大変な山行になってしまいましたが、それに見合った眺望と花達に出会えて、
非常に満足のいく山行となりました。










2013/7/31 燕岳

念願の北アルプス登山に初めて行きました。
稜線からの穂高・立山連峰の圧巻の眺望に続き、頂上への花崗岩の砂礫の稜線歩きが
何とも言えず、気持ち良かったです。

イメージ 1
イメージ 2










イメージ 3
イメージ 4










イメージ 5
イメージ 6










イメージ 7
イメージ 8










イメージ 9
イメージ 10










イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

たくさんの高山植物が咲いていました。
特に山頂の稜線には、コマクサがこれでもかというほど群生していました。
イメージ 29
イメージ 30










イメージ 31
イメージ 32










イメージ 33
イメージ 34










イメージ 35
イメージ 36










イメージ 37
イメージ 38










イメージ 49

イメージ 39
イメージ 40










イメージ 41
イメージ 42










イメージ 43
イメージ 44










そして燕山荘近くで、ライチョウの親子に出会えるというラッキーな出来事もありました。
イメージ 45
イメージ 46










イメージ 47

帰りに車で走っていたらサルまで出て来ました(笑)
イメージ 48

夕飯は駒ヶ根B級グルメのソースカツ丼を頂きました。
想像以上どころかやり過ぎだろ!ってほどの量があり、死にそうになりました(笑)
(食べきりましたがね)

イメージ 50








プロフィール

Tanma

長きにわたりご覧いただき感謝いたします
残念ながら更新できません ありがとうございました

最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

個人的なご質問などはこちらからどうぞ。

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ