Tanmaの山日記

八ヶ岳をメインに関東甲信越の山を歩いています。

カテゴリ:山域別 > 奥秩父


2015/10/31(土)
またもやブロ友さんとの山行でしたので、リアルタイムでお伝え致します<(_ _)>
この日はハロウィンでしたが、そんな気分は微塵も味わえずで・・・(笑)

もろーさんの方もレポ完了しております!


さてそんな事はさておき、今回はブロ友のもろーさんからお誘いを受けまして、
奥秩父にある熊倉山へ行ってまいりました。
今回もこうちさん、もろーさんの山行にご一緒させて頂きます。
場所的には、武甲山より少し西寄り、酉谷山の少し北側に位置する山です。

自分は全くの初見の山でしたので(もろーさんスミマセン)、事前にどんな山なのか
少し調べてみたのですが・・・遭難が結構あったりするらしいとの情報があり、
どんな山なんだろうと不安と期待が入り混じって当日を迎えました・・・。

当日朝に秩父鉄道の武州日野駅に集合。
ここは駅そばに駐車場があり、一日310円で停められます。
ただし、駅員さんが8時~17時しかいないようです。
自分達は戻って来てから支払いました。

今回は、一つ隣の駅の白久駅から登山開始して武州日野駅に戻ってくる(城山コース~日野コース)縦走スタイルです。
7:39発の電車に乗り込み、7:45に白久駅に到着。
そのまま出発します。
イメージ 1

駅から少し車道を歩いて、登山道に入ります。
イメージ 2

しばらくは作業道のような歩き辛い道を進みます。
一応自然探索路という道らしいのですが・・・(^_^;)
イメージ 3

途中から階段も現れ、細かいアップダウンが続きます。
イメージ 4

途中、やたらとネジりがきいた木がありました。
豆絞りハチマキぐらいの勢いのねじれ方です(笑)
イメージ 5

上がったり下がったりを繰り返してばかりなので「標高稼げないね~」
とこうちさんがつぶやいておりました(笑)
しかし階段だらけで結構大変。
イメージ 6

AM9:15 1時間半ほどかかって、ようやく城山に到着です。
もろーさん「こんなにかかるとは思ってなかった~」と首を傾げていました(笑)
イメージ 7

県の指定重要遺跡に指定されているのですね~。
もっとも、簡単に城があったという痕跡がわかるような物は何もないのですが。
イメージ 8

AM9:20 城山から少し進めば熊倉山城山コースへの登山道に着きます。
目の前に6台ほど停められる駐車スペースがあるので、多くの方はここからスタートするのだと思います。
もろーさんが、これまた30年前!?に登られた時はもっと左側の林道コースからだったとの事ですが、現在は通行止めになっています。
イメージ 9

ここから残り800mほどを一気に登って行きます。
イメージ 10

指導標にはNo.が刻んであります。なんで13からなんだろ・・・。
これが減るのが励みになるかな~と思っていたのですが、設置されている間隔に統一感がなく、逆に標識まだかいな!という感じになってしまいました(^_^;)
イメージ 11

しばらくは植林の中を歩くので、似たような景色ばかりです。
イメージ 12

50分ほど登ったら、少し植生が変わってきて紅葉する木々が現れました。
イメージ 13

ここに来てもアップダウンが・・・。
地図で見た感じでは山頂まで大きなアップダウンが3つあります。
イメージ 14

しかもかなりの斜度があり、枯葉もかなり積もっているので歩き辛いです。
もろーさんの「これはキク~!」の言葉に納得しながらも笑ってしまいました(笑)
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

しばらくはNo.の書いてある標識ではなく、注意喚起の看板ばかりが続きます。
イメージ 18

イメージ 19

ちょっと大きい岩場の上から北西方面?がひらけていました。
今回唯一の眺望ですかね~(笑)
イメージ 20

この辺りから登山道の周りが一気に色づき始めました。
イメージ 21

ようやくNo.5を通過~の図(笑)
イメージ 22

ここでちょっと奇怪な事が・・・。
次の指導票が何故かNo.26-2とかよくわからない数値に・・・?
しかも城山コースではなく、奥秩父自然歩道になってるし。
これはまた別の看板ですかね~と話し、先に進んでみる。
イメージ 23

しかし、その先にあったのはNo.3の指導標。
消えたNo.4の指導票の怪でした(笑)
単に縁起が悪いから使わなかったのかな~。それならスタートに13を使わないでしょ~。と妄想は膨らみます(笑)
イメージ 24

ここから最後のひと踏ん張り!
イメージ 25

イメージ 26

帰りはこの分岐を左に行きます。
指導票がまた違う。真新しい・・・?
ここまで来ればあともう少しで山頂です。
イメージ 27

AM11:35 山頂に到着しました~。
イメージ 28

長細い山頂で、眺望はほとんどありません。
ヤマレコでも書かれていた、ホントおどろおどろしい文字の山頂標識です(^_^;)
標高1426.5mで、何気に武甲山よりも高いのには驚きました。
イメージ 29

ここでお昼にしました。
結局陽射しは出ないままだったので、じっとしてるとかなり寒かったです。
イメージ 30

30分ほど休憩して、だいぶ冷えてしまったので下山開始します。
山頂の奥にも登山道が伸びていて、酉谷山まで行けるようです。
ここから往復で3時間以上かかるらしく、地理院の地図にはルートの記載もありません。道迷いの多くは、そこで発生しているらしく、下山はUターンという看板があるそうです。自分は出遅れて見れておりません(^_^;)
イメージ 31

さて、下山開始です。
先程の分岐まで戻り、日野コースを下って行きます。
イメージ 32

元々あったコースは廃道になって、新しい道なのですが、地理院の地図にはルート記載がありません。落ち葉で隠されていたりしますが、テープが至る所に貼ってあったので、道はそれなりに明瞭でした。
イメージ 33

この岩、斜面に不自然に立ってるんですよ~。
誰かが意図的に突き刺したみたいに(笑)
高さは3mほどですか。手掛かりもそれなりにありそうだったので、上に登れそうではありました(登ってませんよ~)
イメージ 34

イメージ 35

ちょうど笹平という場所の付近で苔生した岩と紅葉のコラボが見れました。
色付きがもうちょっと足りませんでしたねぇ。
イメージ 36

九々折れですが、結構な下りです。
反対側の尾根とかが綺麗に紅葉しているのですが、木々に遮られて良く見えません。
イメージ 37

何ヶ所かロープが張ってあるような岩場も。
もろーさん、ポージングして頂いてありがとうございます(笑)
イメージ 38

ちょっとした滝のようですが、上から落ちて来たのでしょうか、岩が覆いかぶさっていて、何とも面白い風景になっています。最初は岩屋か何かかと思いました。
イメージ 39

官舎跡ですか・・・?
イメージ 40

すぐ傍らにトタン屋根やらの残骸がありましたが、これでしょうかね・・・?
昔は誰かが住んでいたのでしょう・・・。
イメージ 41

ここから沢を何回も渡渉します。
基本、橋がかかっているのですが、何本かは朽ち果てていました。
イメージ 42

紅葉が進めば、この沢沿いも良い雰囲気になりそうですねぇ。
イメージ 43

PM13:40 林道出合まで下って来ました。
イメージ 44

このまま沢沿いを進むコースもあるようなのですが、踏み入ったような痕跡が見当たらなかったので、林道を歩いて行く事にしました。
イメージ 46

林道からの紅葉が結構綺麗だったのが何ともはや・・・(^_^;)
イメージ 45

40分ほど歩いたら集落まで辿り着きました。
ふと振り返って熊倉山は見えるかな・・・?
おそらく中央奥のピークがそうだろうと思われます。
イメージ 47

途中少々遠回りしてしまいましたが、更に車道を歩いて行き。
イメージ 48

線路脇の道に出たら武州日野駅が目の前に。
イメージ 49

PM14:40 武州日野駅まで戻って来ました。
朝から駐車している台数は増えていませんでしたね(笑)
イメージ 50

この後、駅舎に行って駐車料金を支払って解散となりました。
翌日、こうちさんは名古屋へ日帰りで。もろーさんは2,3日と伊那の方へ行かれるそうで、自分はこのまま雁坂トンネルを通って(11月末まで無料)山梨入りしました。

もろーさんからは素敵なプレゼントまで頂いてしまって・・・。
この場を借りてですが、改めて、ありがとうございました<(_ _)>

自分は翌日に性懲りもなくまたあの頂きに行って来たのですが・・・(^_^;)
今週末に控えているブロ友さんとの秋登山への総仕上げ的な感じで登って来ました。
本当はバリエーションルートで行こうとしたのですが、朝ウダウダして出発が遅れたので真行寺尾根ピストンへのルート変更になってしまいました。
行こうとしたコースは宿題として、来年に挑戦予定です。

幾度となく紹介されているコースですので、割愛させて頂きます<(_ _)>
というか、枚数制限いっぱいです(^_^;)
山頂からの様子だけですが、動画にてどうぞ(もう飽きましたよね笑)


熊倉山のルート詳細です。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.95933,138.99667,35.95936,138.99786,35.95861,138.99936,35.95781,138.99781,35.95656,138.99669,35.95444,138.99728,35.95142,138.99800,35.94853,138.99831,35.94692,138.99900,35.94447,139.00081,35.94258,139.00275,35.94058,139.00261,35.93814,139.00111,35.93653,139.00064,35.93544,138.99969,35.93433,138.99964,35.93353,138.99836,35.93256,138.99639,35.93150,138.99511,35.93078,138.99469,35.92939,138.99383,35.92822,138.99278,35.92594,138.99158,35.92469,138.99125,35.92511,138.99125,35.92386,138.99347,35.92708,138.99350,35.92828,138.99511,35.92919,138.99864,35.93053,139.00089,35.93147,139.00275,35.93242,139.00361,35.93506,139.00700,35.93825,139.00719,35.94044,139.00550,35.94147,139.00875,35.94244,139.01336,35.94506,139.01600,35.95008,139.01725,35.95408,139.02100&pins=35.95933,138.99667,,blue&ping=35.95408,139.02100,,red&mode=map&style=base:topographic

所用時間 6時間55分(休憩35分含む)
7:45白久駅⇒9:15城山⇒9:20城山コース登山口⇒11:35熊倉山12:15
⇒13:15官舎跡⇒14:40武州日野駅

距離
11.3km

最大標高差
1151m

平均斜度
全体:-0.1%
上り:23.6%
下り:20.8%

獲得標高
上り:1202m
下り:1218m


今週末は皆様の足を引っ張らないように、何とか頑張らさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

2014/5/24(土)
この日は友人夫婦の今年初歩きにどこかいいとこありませんかね~と誘われたのがあり、
それなら渓谷歩きでのんびり行きますか~という話になりましたので、もう一人友人も誘って
西沢渓谷へ行って来ました。

コース概要はこちらです。
GPSのスタート位置がヘンなのは、忘れていて途中からスタートしたからです・・・。すみません。
何故ピストンなのか?は後ほどご説明します。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=320&height=240&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.86781,138.74844,35.86800,138.74747,35.86889,138.74575,35.87011,138.74261,35.87017,138.74083,35.86814,138.73944,35.86808,138.73889,35.86811,138.73889,35.86817,138.73875,35.86817,138.73875,35.86817,138.73875,35.86817,138.73869,35.86703,138.73753,35.86619,138.73581,35.86783,138.73486,35.86808,138.73331,35.86806,138.73314,35.86800,138.73311,35.86794,138.73308,35.86592,138.73264,35.86522,138.73250,35.86650,138.73283,35.86644,138.73286,35.86661,138.73317,35.86669,138.73261,35.86683,138.73278,35.86761,138.73464,35.86589,138.73658,35.86797,138.73894,35.86797,138.73894,35.86797,138.73894,35.86797,138.73894,35.86908,138.73986,35.87033,138.74111,35.86861,138.74511,35.86789,138.74753,35.86692,138.74997,35.86469,138.75344,35.86286,138.75531,35.85942,138.75664&pins=35.86781,138.74844,,blue&ping=35.85942,138.75664,,red&mode=map&style=base:topographic

8:30 道の駅みとみ 8:50 ⇒9:00 西沢渓谷入口 ⇒ 9:20 ナレイ沢広場 9:30 ⇒ 9:45 二俣吊橋
⇒ 10:05 三重の滝 10:10 ⇒ 10:30 竜神の滝 10:35 ⇒ 10:45 貞泉の滝 10:50
⇒ 11:25 方丈橋 ⇒ 11:40 カエル岩(昼食) 12:40 ⇒ 14:00 西沢渓谷入口 ⇒ 14:15道の駅みとみ


本日は珍しく友人の車で移動する事となりまして、えらい楽をさせて頂きました(笑)
この場を借りてお礼申し上げます。
特に渋滞等にハマる事もなく、道の駅みとみまでやって来ました。
建物周辺はそれなりに停まってましたが、まだまだ余裕がありました。
イメージ 1


準備をして出発します。良い天気でみんな嬉しそうでした。
イメージ 2

イメージ 3

まずは渓谷入口まで車道を歩きます。ちゃんと歩道があるので安心です。
イメージ 4


イメージ 5

意気揚揚と出発です。
イメージ 6

イメージ 8

ゲートを抜けると・・・。
イメージ 7

すぐに新緑の世界でした。気持ちがいいです。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

木々の花?も咲いていました(何かは全くわかりません・・・)
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


途中、なれいの滝というのがありました。かなり遠い上に木々があるのでわかりづらいですが・・・。
イメージ 15

イメージ 16


イメージ 17


ナレイ沢広場までやって来ました。コース上、ここしかトイレがないので、しっかり済ませておきます。
そしてここで衝撃の事実!2月の大雪の影響で、方丈橋から先は通行止めとなってしまっていました。
(7月6日には仮復旧したようです。現在はどうなったのか不明ですが)
イメージ 18

残念ではありますが、せっかくですのでピストンで行く事にしました。
イメージ 19

イメージ 20

甲武信ヶ岳もいつかは登りたいですねぇ・・・。
イメージ 21

これはキケマンですかね?
イメージ 22

イメージ 23

西沢山荘を通過します。
イメージ 24

イメージ 25

二俣吊橋です。高度もさほどなく、立派な作りです。
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

橋を渡ったら、本格的な渓谷道になります。
イメージ 29

イメージ 30

おそらく大久保の滝でしょうか?ちょっと遠いですが見えました。
イメージ 31

ちょっとした隙間があったので、友人が入って仏像らしいポーズをとってます(笑)
イメージ 32

少し歩くと三重の滝に到着です。
イメージ 33

水の色も綺麗なブルーです。
イメージ 34

人出がすごいです。結構道が狭いのですれ違いもなかなか大変でした。
イメージ 35

人面洞と思われますが、どれが人面・・・?結局みんなわかりませんでした(笑)
イメージ 36

この辺りからシャクナゲが綺麗に咲いていました。
イメージ 37

イメージ 38


竜神の滝です。かなり迫力があります。
イメージ 39


この辺りはまだ雪が残っているようです。
イメージ 41


少し進んだら貞泉の滝にすぐ着きました。
イメージ 40

母体淵とありました。甌穴(おうけつ)とも言うらしい。
河底河岸岩石面上にできる円形ポットホールとも言うみたいです。
イメージ 42

ちょっと進んだ所でカヌーで川下りをやってる方々がいました。
イメージ 43

そういう事をしていいとは・・・。ちょっとビックリです。
イメージ 44

しばらく進むと、通行止めとなっている方丈橋まで辿り着きました。
自己責任という名の元に先に進む方が多くみられましたが、くれぐれもお気を付けて・・・。
自分達はお昼を食べられそうな場所まで引き返します。
イメージ 45


少し戻った所にカエル岩というのがあり、その辺りにスペースがあったのでそこで休憩しました。
相変わらず人の往来は引っ切り無しです。
イメージ 46


これがカエル岩ですかね。上を向いて大きく口を開けているように見えますが。
イメージ 47


清流のせせらぎと新緑の中で十分に休憩して来た道を戻ります。
イメージ 48

同じ場所を戻るので写真は割愛します。
イメージ 49


何かこういうのって癒されるというか羨ましいというか・・・(爆)
イメージ 50


こうして、特に大きなトラブルもなく、無事道の駅まで戻りまして帰路に付きました。

暖かい陽射しの中、初の渓谷道歩きだったのですが、この時期ならではのさわやかな陽気と
新緑や素晴らしい滝の数々にとても癒された山行でした。
今度は紅葉の時期に訪れてみたいですね。








晩秋にかねてより行ってみたかった乾徳山に行って来ました。
黒金山付近には積雪もあり、冬の始まりを感じさせました。

イメージ 1
イメージ 2










イメージ 3
イメージ 4










イメージ 5
イメージ 6










イメージ 7










イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10










イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
イメージ 18










イメージ 19










イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
イメージ 25










イメージ 26
イメージ 27










イメージ 28

イメージ 29
イメージ 30





















2012/8/15 晴れのち曇り時々ガス
 
5:20-30県営無料駐車場→6:00-10富士見平小屋→6:25-30天鳥川→7:20-50瑞牆山山頂
→9:00富士見平小屋→9:40-10:10鷹見岩→11:00富士見平小屋→11:35県営無料駐車場
 
今回のルートは瑞牆山荘前から富士見平小屋経由の瑞牆山~鷹見岩のコース。
イメージ 38
イメージ 37
 
 
14日は完全な雨降りだったので、丸一日休養。
次の日は晴れてくれよーと祈った。
いざ15日、微妙に雲は多いが青空も見えるので、山頂では晴れると期待して出発した。
 
宿を4時過ぎに出発。コンビニで買い物をして、増富温泉方面へ。
ラジウムラインは道幅も広く、通行に何の問題もないが、クリスタルラインは
少し道幅が狭いので、すれ違いには注意が必要。
 
そんなこんなで5時半前には県営無料駐車場に到着。まだ10台ほどしか停まっていなかった。
駐車場奥の瑞牆の森紹介の看板の横にショートカットの道があったので、そちらを通る。
しばらくは気持ちの良い樹林帯を歩く。途中林道を横切ると傾斜が上がってくる。
ムシムシしているので、どんどん汗が吹き出して来る。
イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中水場付近で、大学生らしき3人組を追い抜いて、30分ほどで富士見平小屋に到着。
5幕ほどテントが設営されていた。休憩もそこそこに、瑞牆山方面へ出発。
イメージ 12
 
ここから瑞牆山に取り付くまでは一旦下って行く道となる。
石が多い道なので少々歩きづらいが、道幅も狭くはなく、危険度もそれほどではないと思われる。
途中、木々の間から目指す山頂が見えた。やはり特異な山様である。
イメージ 39
 
下りきった所に天鳥川があり、そこに休憩ベンチもあった。小休止する。
そこから少し先に進むと、有名?な真っ二つに割れた巨岩が現れた。
確かにデカい(笑)皆つっかえ棒を挿しているようだが、自分は止めておいた。
イメージ 40
イメージ 41
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから先しばらくは、岩ゴロだらけの道を歩く。
かなり大きい石もあったり、ロープが張られている箇所もあったりと、
なかなか面白くなってきた。
イメージ 42
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更に進んで、一層傾斜が増してきた所で一息付いて後ろを振り返ると、
富士山が頭だけひょっこり顔を出していた。
イメージ 4
 
こんな岩の下をくぐり(ザック背負ったままだと、四つん這いにならないと通れないかも)
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更に高度を上げていくと、目の前にデン!と大ヤスリ岩が現れた。
これをクライミングする人がいるのかぁ・・・。などとしばし口をあんぐり開けて見ていた。
イメージ 7
 
そこから少し進むと、不動滝からの道との分岐に合流。
山頂まではあと少し!設置されたハシゴを登って、少し進むと・・・。
イメージ 8
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
瑞牆山山頂に到着!青空が広がっていた。
・・・が、下の方には雲海が広がっていた。でも、これはこれで良い。
イメージ 10
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金峰山は雲が掛かったり途切れたりを繰り返していた。
イメージ 13
 
富士山は相変わらず頭だけ。南アルプス方面・・・か?
イメージ 14
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大ヤスリ岩を見下ろす。そして山頂方位盤。
イメージ 16
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パノラマ。幻想的で気持ち良い。
イメージ 19
 
イメージ 18
 
十分展望を楽しんで山頂をあとに。
途中、先程追い抜いた男性三人組が息を切らせた様子で休憩していた。
あと20分くらいだから頑張ってーと声を掛け、先に進む。
 
1時間ほどで富士見平小屋に到着。
金峰山まで行こうかどうか悩んだが、明日も登るつもりなので無理はせず、
鷹見岩までで引き返すこととした。
このまま戻るにはちょっと早過ぎかなーと思ったので・・・。
 
小屋の右奥の方トイレの裏から、大日小屋方面へ。
最初の内は歩きやすい登山道。
イメージ 20
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中から石が多く、少し狭い道へ変わる。マルバダケブキの群生も見られた。
イメージ 23
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小屋から30分ほどで分岐に到着。鷹見岩方面へ。
ここから先は、そんなに人が立ち入らないのか、道が少し不鮮明。
でも、原生林の中を歩いているようで気持ちが良い。
イメージ 25

イメージ 26
 
途中、木々との間がかなり狭いところを通りつつ、10分ほどで鷹見岩に到着。
取り付き時、本当は誰かが木の足がかりを作ってくれていたはずなのだが、
壊れてしまっていて端っこの方に追いやられていた。
仕方がないので、足がかりがないままよじ登る事に。
イメージ 27
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと苦労したが何とか岩の上に登れた。
着いた直後はガスっていて何も見えなかったが、程なくしてガスがなくなり、展望が広がった。
ここでお昼休憩とした。
イメージ 29イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
休憩している間も、ばーっと雲がやってきてはなくなり、の繰り返しで、ちょっと面白かった。
イメージ 32
 
しかしだんだん雲の量が増えてきたので、ここらで撤退。
途中、カエルが目の前を横切り(笑)
イメージ 33
 
ちょっと(だいぶ)端折りましたが、瑞牆山荘前まで戻って来ました。
イメージ 34
 
帰り際、瑞牆山方面を撮影。だいぶ雲が掛かっていた。
イメージ 35
 
瑞牆山は、今まで登った山とは異質で、岩だらけで大変だったが
山頂からの眺めもすばらしく、非常に面白い山行が出来たなと大満足でした。
イメージ 36
 
 
 
 
 
 

2012/8/13 曇りのち小雨

12:00-12:05信州峠→12:40-13:10カヤトの原→13:30-13:40横尾山山頂→14:40信州峠

前日に友人達を送った後、自宅に戻って少し仮眠をしてから再び宿へ移動。
このお盆休みも山に登ろうと決めていたので(笑)

しかし翌日は雨が降り出しそうな空模様・・・。
あまり雨の中の山登りは気が進まなかったので、今日はあきらめようと思っていたが、
昼近くになっても雨は降り出さず、自分の中の”登りたい欲”が抑えられなかったので、
近場で少し気になっていた横尾山に登ろうと思い立った。

宿から小一時間ほど、信州峠に到着。車が2台ほど停まっていた。
いつ振り出してもおかしくないので、準備もそこそこに出発。
今回は距離も短かったので、GPSログは取らなかった。
イメージ 1イメージ 10










10分ほど歩いた所で先行者の1人と遭遇。
「今からですか?随分ゆっくりですねー(笑)」と言われてしまった。
しばらくは傾斜も緩やかで、静かな樹林帯を歩く。
イメージ 11

途中からグッと斜度がある坂道が始まる。
その途中でご夫婦の方達と遭遇。後にも先にも今日お会いしたのはこの2組のみ。
岩場っぽい所や段差のキツい所を登って(写真撮るのが面倒だったのでありません・・・)
登山口から30分ほどでだだっ広い所に出た。カヤトの原である。
イメージ 12

ここがこの山登りの最大の展望ポイントとの事。ここからもう少し先に移動した先の
高台の所が確かに素晴らしい展望が望める。空は相変わらず分厚い雲に覆われているが・・・。
イメージ 13イメージ 14









イメージ 15

花も色々咲いていた。
ハクサンフウロにカワラナデシコ。
イメージ 16イメージ 17









・・・何だろうこれ、とカキツバタ・・・かな?
イメージ 2イメージ 3










カヤトの原から多少アップダウンを繰り返し、20分ぐらいで横尾山山頂に到着。
イメージ 4イメージ 5









南側の展望が多少あるが、やはりスッキリしない。
イメージ 6

雨も降り出しそうだったので、休憩もそこそこに山頂を後にした。
キリンソウ?
イメージ 7

ヒメシャジンにフシグロセンノウ
イメージ 8イメージ 9









途中からポツポツ降り始めて来たので、急ぎ足で下山する。
本降りになる前に信州峠駐車場まで戻って来れたのでホッとした。

忙しない山登りになってしまったが、展望も良く、花も楽しめたので十分満足出来た山行でした。

イメージ 18




↑このページのトップヘ