Tanmaの山日記

八ヶ岳をメインに関東甲信越の山を歩いています。

カテゴリ:山域別 > 丹沢


2016/5/14(土)

この日は、ブロ友のもろーさんからお誘いを頂きまして、シロヤシオを堪能しようと檜洞丸をご案内して頂きました。

本来の計画では畦ヶ丸へ登る予定だったのですが、自分がこの界隈初めてという事で、せっかくなら檜洞丸の方が良いと思いますというお話を受け、快諾させて頂きました。
シロヤシオにはまだ少し早いかもしれない、という西丹沢自然教室での情報でしたが、途中の道程の所では結構咲いているかもしれないと、期待が高まります。

6:15 西丹沢自然教室
この時間でほぼ満車の状態。
本来は7時出発予定でしたが、周りの皆さんが続々と出発していたので、自分達も早目に出発する事にしました。
イメージ 1

しばらく車道歩きです。道幅狭いですが、車が結構通るので注意しましょう。
にしてもキャンプ場が多い事(@_@)
イメージ 2

6:45 用木沢出合
30分ほどで登山口に到着。この辺りも車停まってます。
スペース自体は6台くらいでしょうか。路駐もありました。
イメージ 3

すごくしっかりした橋!
丹沢はかなり整備されているとは聞いていましたが、ここまで立派とは(@_@)
イメージ 4

しばらくは沢沿いをたまに渡ったりしながらゆるやかに登って行きます。
イメージ 5

この辺のヤマツツジは終わりかけでした。
イメージ 6

40分ほど歩くと斜度がグッと上がります。
イメージ 7

枯れ沢の登りは結構大変でしたね~。
岩の間をぬうように登ります。
イメージ 8

キランソウですかね。あちらこちらで見かけました。
イメージ 9

7:55 犬越路
長く感じた登りもようやく終わって到着。
立派な避難小屋もあるのですね~(@_@)
イメージ 10

稜線に上がったらいきなり強い風が。
汗ばんだ身体には心地よかったです。霞んでますが眺望もなかなか。
イメージ 11

少し歩くとトウゴクミツバツツジが現れてきました。
イメージ 12

最初は終わりかけが多かったのですが、登るにつれて咲いたばかりの気が多くなってきて、色も濃く、とてもキレイでした(^_^)
イメージ 13

富士山がひょっこり山頂だけのぞかせていました(中央辺り・・・わかりますか?)
この日はこれが最初で最後でした。
イメージ 46

小笄の手前から急登が始まりました。
イメージ 14

ふと、登山道脇の斜面を見ていると何やら白い花がたくさん咲いている木が・・・。
もろーさんが、あれ何でしょうね?という事で、自分が望遠で確認したところ。
イメージ 15

おお!?シロヤシオじゃないですか!?(@_@)
もろーさんもこんな所にあるとは思っていなかったらしく、嬉しビックリだったようです。

何てやってる時に頭上を見上げたら・・・。
普通にありました(笑)
イメージ 16

この辺りのシロヤシオも終わりかけが多く、風でずいぶんと花弁が飛ばされてましたが、登るにつれて元気な物もたくさんありました。(^_^)
イメージ 17

特に小笄から大笄の付近はまさに最盛期!
立派な木もたくさんあって見応え十分でした。
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

クサリ場もところどころであったり、なかなか大変ですが。
イメージ 47

切れ間から見える眺望と。
イメージ 48

たくさんのシロヤシオに癒されながら登れるので楽しかったですね(^_^)
イメージ 49

木からパワーをもらっているもろーさんです(笑)
イメージ 21

9:55 ヤタ尾根分岐
神ノ川ヒュッテ方面へ下る道ですね~。大きいテーブルもあって休憩出来ます。
5/5にNOBUさんが大室山からこちらに歩かれていました。
NOBUさんのレポです⇒ 大室山
その時は大笄辺りにコイワザクラが咲いていたそうなのですが、本日は見当たらず・・・残念(>_<)
イメージ 22

山頂まであと約1km。
頑張って木階段登って行きましょう~。
檜洞丸の山頂周辺はコバイケイソウの大群落地帯なのですね(@_@)
イメージ 23

この辺りはつぼみだらけの木も多く、これからといった感じでした。
今週末~来週にかけて良い感じに咲いているかもですね~(^_^)
イメージ 24

10:30 檜洞丸山頂
歩き始めてから4時間15分、山頂に着きました~。
思ったよりも人が少な目?お腹がすいたので儀式は後回しにしてお昼ご飯に
幸いテーブルを独占出来ました。
イメージ 26

40分ほどのんびりして、さて儀式しましょうか~とやっていたら、二人組が近づいてきて・・・。

何とぴろりん隊のお二人ではありませんか~!(@_@)
ブロ友さんと山頂でバッタリは初めてだったので嬉しかったですね~!

お二人はツツジ新道から登られて、犬越路に下るそうです。

せっかくなので一緒に写真を撮らせて頂きました。
(パパさん、撮影ありがとうございました<(_ _)>)
イメージ 25

ぴろりん隊のお二人とお別れして、自分達はとりあえずツツジ新道と石棚山方面との分岐へ。

ここに着くまで、どちらへ進むかもろーさん迷われていたのですが、昨年石棚山方面を歩いた時にシロヤシオがトンネルのようになっていそうな場所があったようで、今年は時期的にピッタリだし、うまく行けば見られるかも!
という事で石棚山方面へ向かう事にしました。

ツツジ新道より静かにあるけそうですしね(^_^)
イメージ 27

もろーさん、しばらくは「咲いてなかったらどうしよう・・・」とドキドキしながら歩かれていたそうですが・・・(笑)
イメージ 28

そんな心配を吹き飛ばすような見事なシロヤシオのトンネルに巡り会えました!
ちょうどテシロノ頭の辺りからです。
イメージ 29

青空も見えていて、先程とは違ってやっぱり映えますね~。
イメージ 30

もろーさんもここまでとは想像していなかったらしく、咲いてて良かったとホッとして嬉しビックリとどうしたらいいかわからないような感じでした(笑)
イメージ 31

ホントは登って行く方向で見ると、目の前にシロヤシオが飛び込んで来るので最高なのですが、下った感想で言うと、この道を登りで使うのはかなり大変だろうなぁと思います(^_^;)
下って振り返ってみるが一番かも(笑)
イメージ 32

イメージ 50

12:30 石棚山
平らな尾根の所に、指導標だな~と思って見ていたら、小さく「石棚山」という文字が・・・(@_@)
奥に三角点もあったので間違いないのかなと。
これは素通りしてしまいそう(^_^;)
イメージ 33

分岐を箒沢公園橋方面へ。
ここから先はアップダウンが連続します。しかも結構急な角度で(^_^;)
イメージ 34

高度を下げると、再びトウゴクミツバツツジが。
イメージ 35

12:40 ヤブ沢ノ頭
一応ピークっぽい所だったので気付きましたが、ボーっとしてたら見逃しますね。
イメージ 36

シロヤシオもまだまだ魅せてくれます(^_^)
イメージ 37

そしてかなりの激下り(>_<)
荒れ気味の道なので、気を付けないと滑ります。
というか、自分も2回ほどずっこけました(笑)
イメージ 38

13:15 板小屋沢ノ頭
右手上の方が本当のピークだと思われます。
この辺りはピークを巻いている道が多いようですね。助かりますが(笑)
イメージ 39

沢との合流までまた激下り。
イメージ 40

突然現れた垂直ハシゴ(反対側にもあって、そちらから登って下りました)を越え。
イメージ 41

沢と合流。ここまで来たらもう安心。
古い指導標がやけに地面にめり込んでます(笑)
イメージ 42

更に砂防ダム脇に鉄ハシゴ。
ムダに細かく分かれているような(^_^;)
もろーさん余裕で遊んでます(笑)
イメージ 43

14:10 大石キャンプ場
大石キャンプ場の脇に出て来ました。
利用者が1グループいましたが、まるでDJクラブ状態になって大音量で音楽流して叫んでました(笑)
イメージ 44

14:30 西丹沢自然教室
車道を歩いて西丹沢自然教室まで戻りました。いっぱいですね!
イメージ 45


初めての檜洞丸シロヤシオ。
最盛期はもう少し先だったのかもですが、バランス的に言ったら十分最盛期だったのではないかと自分では思っています。
石棚山のシロヤシオも見事でしたしね~(^_^)
今度は当たり年の時に来れたらいいな~と思います。
(今年が当たり年じゃないのかどうかはわかりませんが(^_^;))
お花だけでなく、アスレチック的な所もあったりとコースも十分に登り応えがあって楽しかったです。

もろーさん、柔軟な対応と素敵な山行をご案内頂いてありがとうございました<(_ _)>

今回のコースです。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.47244,139.06433,35.47394,139.06558,35.47706,139.06706,35.48139,139.06636,35.48500,139.06381,35.48775,139.06672,35.48794,139.07050,35.48914,139.07425,35.49094,139.07650,35.49256,139.07703,35.49411,139.07728,35.49481,139.07956,35.49322,139.08422,35.49297,139.08731,35.49169,139.08894,35.49017,139.09053,35.48883,139.09075,35.48803,139.09183,35.48689,139.09400,35.48650,139.09678,35.48408,139.09914,35.48131,139.10061,35.47964,139.10186,35.47908,139.10256,35.47775,139.10239,35.47564,139.09878,35.47308,139.09747,35.47125,139.09450,35.46842,139.09125,35.46567,139.08864,35.46289,139.08531,35.46333,139.08183,35.46347,139.08042,35.46419,139.07783,35.46381,139.07506,35.46206,139.07219,35.46094,139.07036,35.46172,139.06625,35.46264,139.06292,35.47089,139.06289&pins=35.47244,139.06433,,blue&ping=35.47089,139.06289,,red&mode=map&style=base:topographic

所要時間:8時間15分(休憩等約60分含む)でした。

距離
13.5km

最大標高差
1119m

平均斜度
全体:-0.2%
上り:18.7%
下り:20.6%

獲得標高
上り:1280m
下り:1298m



前編からの続きです・・・。



まずは経ヶ岳直下にある半原越へ向かいます。
仏果山から下る稜線はいきなり痩せ尾根になります。
イメージ 1

まだまだ雨氷も霧氷も美しいです。
イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

ひらさんも元気いっぱい!(笑)
イメージ 5

こうち隊のお二人は相変わらず早い!どんどん進まれて行きます(^_^;)

しかし、この辺りから美しさの裏返しが・・・。
雨氷が気温の上昇と共に溶け始めて、雨の様に降り注いで来ました。
樹林帯なのにほぼドシャ降りという(笑)
イメージ 7

10:44 下る尾根の途中にいきなり革籠石山(かわごいしやま)の山頂標が。
予期していませんでしたが、せっかくなので儀式を(笑)
イメージ 6

そんな中、突然一匹のワンちゃんが登って来ました。
最初はすれ違った人が連れているものだと思ったら、我々にずっと付いて来ます。
首に発信器のような物があったので、これは猟犬だなーとわかりました。
にしてもえらい人懐っこかったです。
イメージ 8

11:25 半原越に到着。ワンちゃんここまで付いてきちゃいました(笑)
その後にちゃんとお仕事に戻ったようでホッとしました。
イメージ 9

さて、頑張って登り返しますよ~!
イメージ 11

ツラいでしょうけど頑張って!(笑)
イメージ 10

丹沢方面がひらけた所で一休み。
こちらは青空なのに、向こうは厚い雲が掛かってきてしまってますね~。
イメージ 15

二段階で登りが待ち受けていましたね~。キビシイ!!
イメージ 14

途中で経石なるものが。
弘法大師がこの岩の南側にある穴に経文を納めた事から経石と名が付き、
経石があるから経ヶ岳と名付けられたとあります。
イメージ 13

南側に回ると、確かにハートのような形をした穴があり、そこに今は木象が祭られていました。
イメージ 16

12:02 図ったかのようにお昼時に経ヶ岳山頂に到着です。
イメージ 12

しばしお昼休憩です。陽射しが当たってポカポカでした(自分だけ?)
イメージ 17

さて、ここから先は山と高原地図上では破線になっているルートです。
道標には手書きで記載がありますが、裏にはちゃんと彫られている表示があります。
・・・完全に取り付け方向間違ってますね(笑)
イメージ 18

ここから激下りです。ひらさん半分滑り降りてました(笑)
イメージ 19

途中、モミの木地蔵や
イメージ 20

異種格闘木というユニークな名前が付けられた木も。
イメージ 21

尾根沿いに獣避けフェンスがあるのでそれ伝いに下りれば迷わないと思います。
イメージ 22

降り切ったら、今度は華厳山に向かって急登です。
イメージ 23

ひらさん、かなり厳しかったようですが頑張りました。
これでもうキツい登りはありませんよ~(笑)
イメージ 24

13:15 華厳山山頂に到着です。
結構広々とした山頂でしたが、木々に囲まれているので展望はあまりありません。
イメージ 25

ここから先はなだらかで広い尾根道になりました。
イメージ 26

途中あった木にひらさんよじ登ります(笑)
ホントお若いですね~。
イメージ 27

更に猟師さん達に出会って、ひらさん記念撮影を懇願!(笑)
しばしの談笑と相成りました。
イメージ 29

やたら沢山の案内標識が出てきたら山頂はもうすぐです。
イメージ 31

13:49 最後のピーク、萩野高取山に到着しました~。
イメージ 32

山頂は狭く、休む場所もないので一気に下山します。
イメージ 33

イメージ 28

全体的になだらかで、非常に歩きやすかったです。
イメージ 30

途中、なぜか倒木に登ってみたり・・・(登らせられた、が正解です笑)
イメージ 44

しばらく下るとゴルフ場との境に獣避けのゲートがあり、ここからゴルフ場内部に入ります。
イメージ 34

さてどうなるのかと思ったら・・・。
完全にゴルフ場内のカート道を歩いて行くようです(笑)
イメージ 35

ここがゴルフ場と一般道との境ですが、ゲートも何もありません(笑)
イメージ 36

ここからバス停までは車道歩き。
この橋を右折する以外はほぼ真っ直ぐなので迷わないでしょう。
※詳しい道程はひらさんのレポをご参照下さい。
イメージ 37

浅間神社まで辿り着いたらバス停は目の前です。
イメージ 38

14:49 上萩野バス停に着きました。
バス到着予定時刻は14:50。あまりにもピッタリ過ぎて笑いました(笑)
イメージ 39

3分遅れのバスに乗って、愛川ふれあいの村入口・野外バスセンターまで乗車。
料金は290円でした。

そこから第2駐車場まで最後の歩き。
15:13 無事駐車場まで戻って来ました~。お疲れ様でした!
イメージ 40

ここでひらさんとはお別れです。
遠くまで来て頂いてありがとうございました!(^_^)

こうち隊は帰りがけに、丹沢あんぱんでおなじみ「オギノパン」へ立ち寄るとの事だったので、ご一緒させて頂きました。
イメージ 41

ここに来たらやっぱりあげぱん!という事で、あげぱんとカレードーナツを頂きました。結構お腹いっぱいになりました~。美味しかったです(^_^)
イメージ 42

計画段階で天気予報に振り回されて、ドタバタとご連絡してしまい、皆様には大変申し訳ありませんでしたが、結果的に雨氷と言う珍しい自然現象に出会えたり、猟師さんとの一期一会もあり、山としてもなかなか素晴らしい眺望が得られるいい山行になりました(^_^)


コース詳細は前編にてご紹介したので、高低図だけ。
イメージ 43

所用時間:8時間22分(休憩等約1時間40分含む)
6:51愛川ふれあいの村第2駐車場⇒8:24半原高取山8:53⇒9:37仏果山10:05
⇒10:44革篭石山⇒11:25半原越⇒12:02経ヶ岳12:37⇒13:15華厳山
⇒13:49萩野高取山⇒14:49上荻野バス停⇒15:03野外センター前バス停
⇒15:13愛川ふれあいの村第2駐車場



2016/1/31(日)

この日は、以前もろーさんとの会話で相州アルプスなるものがあるのを知り、
1月下旬か2月頭に行けると良いですね~とお話しておりました。
僭越ながら自分が計画(というほどでもないですが笑)をさせて頂いて、
せっかくなので、もろーさんはもちろんこうち隊と、プチアルプス好きで名を馳せている(?)ひらさんにもお声掛けして、快諾して頂きました。

相州アルプスとは、宮ヶ瀬湖の東側に位置する山塊をそう呼んでいるようです。
(半原高取山~仏果山~経ヶ岳~華厳山~荻野高取山)
今回のコース見取り図です。(コース図提供:ひらさん)
愛川ふれあいの村から縦走、上萩野バス停まで行って、バスで愛川ふれあいの村まで戻るコースです。
イメージ 1

皆様のレポアップ状況です。


こうち隊:準備中・・・

もろーさん:準備中・・・

(写真提供:ひらさん、こうちさん ありがとうございます)

過去にぴろりん隊、booさんが途中までですが登られております。
そちらもご覧下さいませ。

ぴろりん隊レポ

booさんレポ


ギリギリまで南岸低気圧の影響で天候が読めなかったのですが、どうやら回復傾向になったので予定通りの31日決行となりました。

しかしもろーさんが急遽当日午後に予定が入ってしまい、途中の仏果山までという事になってしまいましたが、それでもご参加頂きましてありがとうございます<(_ _)>

前日夜に「道の駅 清川」にて車中泊。
トイレはウォシュレット付でとてもキレイでしたよ~。
2階休憩所は24時間開放されていました。

朝起床して、愛川ふれあいの村へ移動。
手前にある第2駐車場が無料開放されているのでそこを利用させて頂きました。
7時集合予定でしたが、皆様早々にお集まり頂いたのですぐに準備開始。
6:51に出発。
イメージ 2

まずは車道を歩いて登山口を目指します。
イメージ 3

県道との合流地点で橋の下をくぐる様に案内標識出ています。
(自分達はそのように進みました)
そのまま直進して県道を渡り、まっすぐ進んでも結局は同じ道に繫がるようです。
イメージ 4

さて、橋の下をくぐって少し進むと登山道らしくなります。
イメージ 5

階段が延々と設置されています。
道標も至る所にあって、思っていたよりもしっかり整備されていました。
イメージ 6

イメージ 7

途中、都心方面の展望が観られました。
イメージ 8

朝靄に浮かび上がるスカイツリー。幻想的です。
イメージ 9

途中から少しずつ雪が出始めて来ました。
イメージ 10

イメージ 11

この辺りから木々が雨氷(この時は知りませんでした)に覆われていました。
イメージ 12

半原高取山への取り付き。
この雪面が雨で表面が固まってツルテカでした。軽アイゼン等がないと危ないです。
イメージ 13

ひらさん以外は根性でムリヤリ登って行きます(笑)
この斜面が道中で一番積雪が多かったですね。
吹き溜まりで膝下くらい(40cmほど)だったでしょうか。
イメージ 14

ひらさんはピンの付いた滑り止めを着用したようですが、あまり効果なかったようで
かなり苦労されてました(^_^;)
イメージ 15

苦労しながらも、8:24に半原高取山に到着です。
早速1000座PJの儀式!
イメージ 17

山頂標やベンチ、あらゆる物が凍り付いていました((+_+))
さすがにここから軽アイゼンを装着します。
イメージ 16

イメージ 18

さて、展望台に上がります。
もちろんこれも凍り付いていますよ(笑)
階段の氷を割りながら登りました。
イメージ 19

登ったら絶景!
皆さん上がるのを躊躇していましたが、登らないとソンですよー!
と言って上がってもらいました。
イメージ 20

イメージ 21

手摺りの下にもこんな雨氷が。
イメージ 22

相模湖方面には雲海。金峰山方面も雲が湧き上がっていました。
イメージ 23

甲斐駒もちょこっとだけ頭を覗かせていました。(写真中央)
イメージ 24

イメージ 39

十分に眺望を堪能して、仏果山へ向けて出発します。
イメージ 25

この稜線は美しい雨氷や霧氷のオンパレードでした。
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

ひらさん、撮影に夢中です(笑)
イメージ 30

途中張ってあったロープも完全に凍りついていました。
イメージ 31

9:37 そんなこんなで仏果山山頂に到着です!
イメージ 32

仏様も凍り付いていました~((+_+))

仏果山の名の由来は、
室町時代のはじめ、清川村煤ヶ谷(すすがや)にある正住寺を開いた仏果禅師がこの山で座禅修業をしたことが、山名の由来とされている。仏果禅師が座禅をしたといわれる座禅石は、かつて仏果山の南東麓にあったが、その周辺が採石場となったため、2001年に土山峠近くに移された。
とあります。
(Wikipediaより抜粋)
イメージ 33

ここにも半原高取山と同様に展望台があります。
イメージ 34

この構図・・・なんでしょね?(笑)
イメージ 35

大岳山や武甲山など奥多摩~奥秩父山塊までよく見えました。
イメージ 36

名残惜しいですが、もろーさんとはここでお別れとなります。
ひらさんとは初顔合わせでしたが、スキー話などかなり意気投合されていたようで
嬉しい限りです(^_^)
今度は最後まで縦走しましょうね!
イメージ 37

さて、少しの休憩ののち、残ったメンバーで次の経ヶ岳を目指して出発です。
イメージ 38


後編に続きます・・・。


2012年最後の山行は、蛭ヶ岳から丹沢山まで行って来ました。
霧氷が見られるなどしましたが、寒さが身に染みた山行でした。

イメージ 1
イメージ 2










イメージ 3
イメージ 4










イメージ 5
イメージ 6










イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10










イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18










イメージ 19

イメージ 20










イメージ 21

イメージ 22
イメージ 23










イメージ 24



















↑このページのトップヘ