Tanmaの山日記

八ヶ岳をメインに関東甲信越の山を歩いています。

カテゴリ:山域別 > 大菩薩

2017/5/14(日)

この日は約1年振りにもろーさん40年振りシリーズ第5弾と称しまして、大菩薩嶺から小金沢山・牛奥ノ雁ヶ腹摺山と縦走してまいりました。

正しくは序盤に登る「富士見新道」という、今はほぼ廃道になっているルートを歩くのが40年振りだそうです。ちなみに小金沢山と牛奥ノ雁ヶ腹摺山は35年振りになる
そうです。

今回のメンバーは6名。

主催のもろーさん

長野隊ひらさん
レポはこちら⇒準備中です・・・。

NOBUさん

おっくん隊 おっくんさん・でこちゃんさん

ワタクシTanmaでございます。

当初は前日に開催予定でしたがお天気悪く翌日順延になり、こうち隊が参加出来なくなってしまい、非常に残念でした(T_T)

(写真提供:ひらさん、おっくんさん、でこちゃんさん ありがとうございます)


最初にもろーさん、ひらさんと合流して牛奥ノ雁ヶ腹摺山下山口に車を2台デポ。
上日川峠峠に向かう県道218号から途中日川林道に入り、しばらく進んだ所にあります。落石が多数あったので注意。この場所には4台ほど停められます。
すぐ近くにも3台停められるスペースがありました。
(下山時に撮影)
イメージ 1

上日川峠でNOBUさん、おっくん隊のお二人と合流。
登山口近くの駐車場は6割ほど埋まってました。
6:10に出発です。
イメージ 2

30分ほどで福ちゃん荘到着。
イメージ 3

稜線見えてますが、空模様は今一つ。
とりあえず雨にならない事を祈りましょう~。
イメージ 4

分岐を大菩薩峠方面へ進みます。
イメージ 5

富士見山荘の前にある、やたら看板がある所が取り付きです。
今回はササが刈られていたので非常にわかりやすかったですよ。
(一部ルート違いますが、ヤマプラでは破線で書かれています)
イメージ 6

もろーさんが先陣切って歩いてくださいます。本日のガイドです(^_^)
樹林帯は踏み跡も明瞭。
テープもたくさんあるので、慎重に進めば迷わないと思います。
イメージ 7

2ヶ所分岐点があります。
最初は賽の河原方面へ進む道との分岐。
右方面へ進むと賽の河原へ出られるようです。
(ヤマプラの破線ルートと思われます)
自分達は直進します。
イメージ 8

少しひらけた所に出ました。
豪雨の翌日とかは沢になってしまいそうな所です。
イメージ 9

振り返ると雲海に浮かぶ富士山。
お~いい景色(^_^)
イメージ 10

この看板の先から道が少々険しくなります。
イメージ 11

歩き辛い樹林帯を登ると2回目の分岐。
男坂・女坂とあります。今回は女坂のルートを選択しました。
イメージ 12

少し登った先に、以前はクサリが取り付けられていた岩場に到着。
以前は岩場の上を歩いていたようです。
クサリなしで岩場に上がるのは危険そうなので、脇の所を登ってみますが・・・。
イメージ 13

登り切る詰めの場所の足元がかなり滑りやすい泥濘状態になっていたようで、
踏ん張れずにうまく這い上がれないようでした。
自分はNOBUさんが周りこんで登る道を発見したので、そちらに便乗(笑)
ひらさんだけがド根性で登り切っていましたよ~。
イメージ 14

少し進むと大きな岩だらけの道になり、唯一クサリが残った場所が。
ここの右下が道っぽくなっていて、男坂ルートとの合流地点なのかもしれません。
イメージ 15

更に登るとかなりの斜度のガレ場。
ここは足場がかなりもろいので落石に注意しながら登ります。
イメージ 16

ひらさんとおっくんさんは神部岩と思われる巨大岩直下を直登するコースを選択。
さすがですね~。
イメージ 17

これから縦走するコースと富士山。
イメージ 18

南アルプスも雲上に浮かんでいました。
イメージ 19

ここまで来れば稜線まではあと少し!
神部岩の上でポーズ!(*^^)v
イメージ 20

かなり高度感ありますよ~。
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

スタートから約2時間ほどで稜線の2000m地点に合流。
何かこれでほとんど終わった感が(笑)
これからが長いのに~(^_^;)
イメージ 24

今回は行かなくてもいいかね~と話していましたが、ひらさんがせっかくだから行こう!となりまして大菩薩嶺まで足を延ばしました。
久し振りの儀式!
イメージ 25

雷岩まで戻って軽く食事タイム。
やっぱりここはいつ来ても賑わってますね~。
イメージ 26

今度は35年振りとなる小金沢山・牛奥ノ雁ヶ腹摺山を目指して出発!
イメージ 27

稜線上には鳥さんいっぱい!
イメージ 28

慣れているせいか、かなり近づいても逃げません。
イメージ 29

イメージ 31

もろーさんがバードコールを使って鳥さんとコミュニケーションを図りますが、
全く相手にしてもらえません(笑)
イメージ 30

2015年度1000座目の親不知ノ頭。
懐かしい気がしますね~。
イメージ 32

大菩薩峠。
奥では若者達が誕生日パーティをしてました。
ケーキまで担ぎ上げてきたようで、盛り上がってましたよ~。
イメージ 33

トイレ休憩すませて出発。
イメージ 34

登り始めるとすぐにバイカオウレンがいっぱい咲いていましたよ~。
この先色んな所で見られました(^_^)
イメージ 35

石丸峠を経由して小金沢山へ。
結構長い区間で、細かいアップダウンが多かったですね~(*_*)
イメージ 36

天狗棚山とテープに書かれている所で、ひらさん天狗になり切ってます???
どうやらピノキオの方が正しいようですね(笑)
イメージ 37

この稜線上にはヒメイチゲがいっぱいありました。
イメージ 38

小金沢山まであとちょっと。最後の急登登り切れば・・・。
イメージ 39

小金沢山到着~。というか、団体さんまでやってきて山頂は大賑わい。
30人以上いたのではないのでしょうか。そんなに人気があるのかとビックリ(@_@)
裏手の人のいない斜面に周りこんでお昼休憩にしました。
イメージ 40

最後の目的地、牛奥ノ雁ヶ腹摺山までは40分ほどの道のりです。
イメージ 41

岩があるとやっぱり登ってしまうひらさん(笑)
イメージ 42

バイカオウレンもキレイに咲いていました。
イメージ 43

皆さん最後まで元気に歩いてます~。
イメージ 44

イメージ 45

山頂に到着~(いい加減名前長いので打つのが面倒になりました笑)
イメージ 46

同時に反対方向から登って来たペアの方と少しお話。
滝子山からやってきたそうで、大菩薩峠まで縦走するそうです。
いや~そんな距離歩けるなんてスゴイですね!
ん?説得力に欠ける???何のことでしょ?(笑)
イメージ 47

いよいよ下山です。こうなると皆さん名残惜しいようで(笑)
しばらく枯木帯を歩きます。縞枯れ現象と同じように見えますが・・・?
イメージ 48

枚数制限のため、途中割愛しますが・・・。
シラカバなどの自然林が広がり、良い感じの道でした(^_^)
イメージ 49

最後は鹿避けネットを2ヶ所越えれば車をデポした下山口に到着!
トータル8時間ほどの山行でした。お疲れ様でした~(^_^)
イメージ 50

今回も廃道のバリルートという事で不安はありましたが、最後の方のガレ場の所の不安定さと落石が特に危ないかなと思いましたが、他は注意していれば大丈夫そうなレベルだと思いました。

人気の大菩薩の中でこんなルートもあったんだなぁ、と山の歴史に触れられたように感じる山行になりました。
もろーさん、ご企画頂き感謝です<(_ _)>
とても楽しい山行になりました。
皆さん、ご一緒させて頂いてありがとうございました~。

ルート詳細等はひらさんレポをご覧くださいませ~<(_ _)>


2015/8/1(土)

この日は、最近よくご一緒させて頂いているご夫婦と大菩薩嶺へ。
知り合いに、大菩薩は登りやすくて初心者向けだよ~と聞いたらしく、
行ってみたいとお誘いを受けましたので行ってまいりました。
自分は今年2月以来の2回目になります。

中央高速大月ICから下道で上日川峠へ向かいました。
AM6:00に到着。
まだそれほどの混み具合でもなさそうで、トイレから少し離れた道路沿いの
駐車場に停められました。

ゆっくり準備をして、AM6:40に出発です。
イメージ 1

登山道側を歩いて福ちゃん荘を目指します。
イメージ 2

AM7:20 福ちゃん荘に到着。既に売店は開いていました。
イメージ 3

そのまま唐松尾根を登って行きます。
イメージ 4

この辺りからアブやら何やら虫が大量に発生していて、奥さんが悲鳴を上げながらものすごいスピードで登って行きます(笑)
イメージ 5

イメージ 6

視界が開けた所でようやく落ち着けました。
イメージ 7

振り返ると富士山がかろうじて見えています。
イメージ 8

もうちょっと頑張れば稜線に着きます。
イメージ 9

AM8:25 雷岩に到着しました。
虫のせいもあったのか、思ったよりも早く登れてしまいました(笑)
イメージ 10

旦那さん、暑くて頭にバンダナ巻いたのですが、見た目が80年代の某アイドルグループみたいになって、奥さん大爆笑(笑)
イメージ 11

とりあえず先に大菩薩嶺へ行ってしまいましょう。
イメージ 12

AM8:45 大菩薩嶺に到着。お二人は何気に百名山率高いかも(笑)
イメージ 13

写真を撮ったら早々に雷岩まで戻って昼食というか朝食?タイムにしました。
イメージ 14

ここで奥さんが災難にみまわれました。コーヒーを入れて飲むタイミングで
カミキリムシらしき虫が飛んできて引っ付いてびっくりしてこぼしてしまって
というのを2回連続でやられてしまいまして(^_^;)
幸いヤケドはしなかったので良かったですが、終始「カミキリムシめ~」と
ブツブツ言っていました(笑)
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

1時間以上ものんびりして、ゆっくり大菩薩峠方面へ向けて下山開始します。
イメージ 18

ここでちょっとビックリの出会いが。
ふと道端でアマチュア無線の準備をしている人がいるなぁ・・・と眺めていたら
何と同じ職場の人で、思わず叫んでしまいました(笑)
向こうもかなりビックリされたようで「まさかこんな所で会うなんてね~」
と笑っておりました。後姿の方がそうです。
イメージ 19

さて、再び大菩薩峠へ向けて出発です。
イメージ 20

イメージ 21

カヤト原が見えてきました。
東側からだいぶ雲が沸き立って来てますね・・・。
イメージ 22

イメージ 23

この辺りはちょっと歩き辛そうでしたが、ストックのおかげでバランスは保てていたようです。
イメージ 24

イメージ 25

賽の河原を通過。避難小屋の中からオバサマ方の騒がしい笑い声が・・・(^_^;)
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

介山荘が見えて来ました。
イメージ 29

ここで旦那さんが良い場所に立っていたので、ちょっとポーズを取ってもらいました(笑)
イメージ 30

AM10:55 大菩薩峠に到着です。
ここから大勢の方が雷岩方面へ向けて登られています。
考えてみたら、自分はそのコースでは登った事ないですな・・・。
イメージ 31

そのまま小屋の裏手の方から下って行きます。
イメージ 32

あとは歩きやすい道をひたすら下ります。
イメージ 33

で、あっという間に勝緑荘。
イメージ 34

更に福ちゃん荘まで一気に下って。
イメージ 35

イメージ 36

PM12:15 上日川峠まで戻って来ました。お疲れ様でした!
イメージ 37


この後、まだちょっと時間も早いし・・・となって、そういえば今日は山中湖で花火大会がある事を思い出して提案したら即採用されましたので(笑)
このまま山中湖方面へ。
先に夕食を済ませてしまいたいとの要望がありましたので「道の駅 富士吉田」にある、ハーベステラスというお店へ。
どうやらモンベルが経営しているお店のようです。
イメージ 38

ここでいただいたのはキーマカレー。
具だくさんで、優しい味わいのカレーでした。
他にもメニュー豊富でした。
※ホームページです。
イメージ 39

食事が終わった後は「紅富士の湯」へ。
混んでいる事は予想してましたが、想像以上に激混みでしたね・・・。
久し振りにイモ洗いを体験しました(笑)

そして湖畔の駐車場まで移動。
開始まで時間があったので、出店のある所まで買い出しへ。
イメージ 40

ちょうど富士山がシルエットのように美しく見えていました。
イメージ 41

イメージ 42

屋台まで到着した頃はそんなでもなかったんですが、すぐに人の群れが押し寄せて来て、あっという間に人混みまみれになってしまいました(^_^;)
イメージ 43

何とか買い出しを済ませて適当な場所を見つけていたら始まりました。
写真に捉えられないか試しましたが、やっぱり難しいです(^_^;)
イメージ 44

イメージ 45

スターマインの大玉は、近くで上がったので大き過ぎて収まり切らない始末(笑)
イメージ 46

1時間半ほどでしたが、久し振りに間近で花火を見れて、なかなか楽しかったです。
このまま道志みちを使って帰路につきました。

思ったより盛り沢山な一日になってしまいましたが、夏休みイベントの最後を飾るには良かったかな~と思っております。

今回のコースです。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=360&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.73122,138.83267,35.73181,138.83233,35.73258,138.83319,35.73428,138.83464,35.73564,138.83569,35.73617,138.83825,35.73647,138.83911,35.73883,138.84000,35.74028,138.84111,35.74194,138.84164,35.74403,138.84286,35.74497,138.84361,35.74597,138.84433,35.74611,138.84558,35.74667,138.84553,35.74817,138.84550,35.74825,138.84558,35.74625,138.84583,35.74614,138.84597,35.74611,138.84600,35.74614,138.84600,35.74617,138.84603,35.74622,138.84603,35.74622,138.84603,35.74539,138.84706,35.74381,138.84906,35.74244,138.85061,35.74028,138.85128,35.73875,138.85100,35.73758,138.85225,35.73631,138.85325,35.73667,138.85094,35.73694,138.84747,35.73869,138.84694,35.73808,138.84514,35.73769,138.84164,35.73611,138.83914,35.73547,138.83533,35.73347,138.83419,35.73119,138.83281&pins=35.73122,138.83267,,blue&ping=35.73119,138.83281,,red&mode=map&style=base:topographic
所用時間5時間35分(休憩1時間10分含む)

6:40上日川峠⇒7:20福ちゃん荘⇒8:25雷岩⇒8:40大菩薩嶺⇒9:00雷岩10:10
⇒10:40賽の河原⇒10:55大菩薩峠⇒12:15上日川峠

距離
7.4km 

最大標高差
749m

平均斜度
全体:-0.1% 
上り:22.5%
下り:15%

獲得標高
上り:642m
下り:639m

2015/2/15(日)
この週はあまり天気がいい予報ではなく、土曜日は諦めたのですが、
日曜日は雲が多いながらも天気は持ちそうだったので、
あまり危なくなさそうな大菩薩嶺へ行く事にしました。

前日夜に列石ゲート横の駐車場まで移動。
事前情報ではゲート手前の道路が凍結していて滑りやすいとの事だったのですが、
スタッドレスのみで特に問題なく上がれました。

明るくなる5時過ぎくらいから車がぞくぞくとやってきて、
7時前には6割ほど埋まりました。
イメージ 1

今回のコースはこちらです。
http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=320&height=240&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,35.74031,138.81172,35.74244,138.81364,35.74372,138.81408,35.74669,138.81597,35.74728,138.81722,35.74947,138.82261,35.75075,138.82592,35.75492,138.82906,35.75300,138.83236,35.75250,138.83353,35.75206,138.83742,35.75119,138.83856,35.74900,138.84472,35.74867,138.84558,35.74572,138.84628,35.74344,138.84864,35.74250,138.85025,35.73928,138.85128,35.73822,138.85111,35.73592,138.85306,35.73683,138.84919,35.73611,138.84844,35.73811,138.84739,35.73947,138.84653,35.73764,138.84408,35.73783,138.84233,35.73642,138.83892,35.73578,138.83708,35.73492,138.83553,35.73189,138.83314,35.73153,138.83228,35.73425,138.83047,35.73497,138.82922,35.73767,138.82589,35.74100,138.81975,35.74108,138.81819,35.74133,138.81700,35.74086,138.81542,35.74056,138.81283,35.74025,138.81111&pins=35.74031,138.81172,,blue&ping=35.74025,138.81111,,red&mode=map&style=base:topographic

所用時間 6時間10分(休憩25分含む)
7:00 列石 ⇒  8:40 丸川峠 8:50 ⇒ 10:15 大菩薩嶺 10:20 ⇒ 10:30 雷岩
⇒ 11:10 大菩薩峠 11:20 ⇒ 12:10 ロッジ長兵衛 ⇒ 13:10 列石


駐車場の奥に進むと登山道へ繫がっています。
イメージ 2

雪がチラホラありますが、アイゼンは必要ありませんでした。
イメージ 3

しばらく沢沿いを進むと、尾根への取り付きになります。
イメージ 4

枯葉と木の根が多い、少し歩き辛い登りです。
イメージ 5

凍結箇所もいくつかありますが、何とかやり過ごします。
イメージ 6

イメージ 7

何ヶ所か登山道が崩落したりして、道が変更になっているようです。
イメージ 8

視界がひらけた所で急に雪の量が増えました。
イメージ 9

丸川峠に到着です。
イメージ 10

富士山が霞の先にうっすらと見えていました。
(本日拝めたのは、これが最初で最後でした)
イメージ 11

ここでアイゼンを装着。
丸川荘の脇の道が大菩薩嶺に続く道になっています。
イメージ 12

しばらくはトラバースが続く道になっていました。
雪は硬くもなく柔らかくもなくです。
イメージ 13

イメージ 14

高度が上がると霧氷も見られるように。
イメージ 15

イメージ 16

大菩薩嶺に到着。
思っていたより雪が少な目ですかね?
イメージ 17

ブロ友手拭い1000座プロジェクトに、一座ですが貢献します。
イメージ 18

リンクはこちらです↓

(6/4現在 554座)

風が強めで、雲の流れも速いです。量も増えてきましたかね・・・。
イメージ 19

天候が変わらない内に先に進みます。
イメージ 20

ほどなくして雷岩に到着です。
イメージ 21

雲多目の霞気味ですが、何とか見えています。
さすがにここは風が強いですね~。
イメージ 22

イメージ 23

稜線伝いに大菩薩峠を目指します。
雪質は表面が硬めだったのでアイゼンが良く効きました。
イメージ 24

イメージ 25

標高2000mの神部岩に到着。
イメージ 26

ここからの稜線の眺めは良いですね。
今度は秋に訪れたいです。
イメージ 27

イメージ 28

一旦下って賽の河原に。
イメージ 29

小屋の中を覗こうかと思いましたが、何となくやめました(笑)
イメージ 30

登り返して親不如ノ頭に。
イメージ 31

イメージ 32

介山荘が見えて来ました。
大菩薩峠もすぐ手前にあります。
イメージ 33

大菩薩峠に到着。
この時点で雪がチラホラ降って来ました。
イメージ 34

少し休憩して強くなる前に上日川峠に下ります。
イメージ 35

介山荘の裏手に登山道が伸びています。
しばらくは緩やかに下って行きます。
イメージ 36

降り切った所に勝緑荘。
イメージ 37

少し進んで富士見山荘があります。
イメージ 38

その少し先に福ちゃん荘です。
唐松尾根との合流地点でもありますね。
これから登られる方も数名おられて、休憩している人も多数いました。
イメージ 39

大菩薩の稜線。晴れ間が見えて来ました。
イメージ 40

ここから車道歩きです。
イメージ 41

しばらく歩いてロッジ長兵衛に到着。
営業はしてなさそう?でした。
イメージ 42

奥に少し進むと、列石方面への道があります。
イメージ 43

ここら辺から隠れアイスバーンの道になってきました。
一気に下って行くような道です。
イメージ 44

途中、土砂崩れが起きて道が寸断されてしまっていました。
イメージ 45

一度車道に上がってから再び登山道に戻ります。
標識があるので迷う心配はないでしょう。
ここでアイゼンを外しましたが、所々にアイスバーンがあったりして
難儀してしまいました。
イメージ 46

林道の所まで下りて来ました。
イメージ 47

千石茶屋まで到着すればあと少しです。
イメージ 48


イメージ 49

列石の駐車上まで戻って来ました。
満車ですね。少し下った所にある駐車スペースも八割埋まってました。
イメージ 50

あまり眺望は良くなかったのですが、本格的な冬山に向かう前の
訓練としてはいい山かなーと思いました。
(本格的な雪山行ってるのに言う事じゃありませんが・・・)
天候が安定していれば、もうちょっとゆっくりしたのですが・・・。

車の台数のわりには道中に出会った方は少なく、10人くらいでしたか。
唐松尾根から登頂している方が多いのですかねぇ・・・。



一か月ぶりの山行は、友人のリハビリも兼ねて大菩薩へ行って来ました。
さすがに人気の山だけあって人も多かったですが、非常に登りやすく、いい山でした。

イメージ 1
イメージ 2










イメージ 3
イメージ 4










イメージ 5
イメージ 6










イメージ 7
イメージ 8










イメージ 9
イメージ 10










イメージ 11
イメージ 12










イメージ 13
イメージ 14










イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
イメージ 18










イメージ 19

イメージ 20
イメージ 21










イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
イメージ 25










イメージ 26

イメージ 27
イメージ 28










イメージ 29

イメージ 30
イメージ 31










イメージ 32

イメージ 33
イメージ 34










イメージ 35
イメージ 36










イメージ 37










イメージ 38

イメージ 39







↑このページのトップヘ